TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ライオン セシルの死で知るゲームハンティングの恐ろしさ

150812.jpg
哀悼 セシル

 アフリカのジンバブエにある自然動物園で人気者ライオンのセシルが米ミネソタ州に住む55歳の男性歯科医師によって殺害された。クロスボウ(弓矢)を使い、40時間もセシルに恐怖と苦しみを与えながら追跡、最後にライフルで息をとめたというものです。それだけではなく、彼は死んだセシルを前において、ガイドとともに満足の笑顔で記念撮影、その後皮をはぎ、トロフィーを作るために頭部を切断。これを自分のFacebookに投稿したことから、世界中の人たちの激怒をかい、署名活動が開始、抗議の署名はわずか数日間で120万人を超え、署名は現在も進行中、本人は行方をくらましているという事件です。

 管理人は「セシル ライオン」と入れてWeb上で検索し調べ知るに従い、彼とまったく同じハンターたちが他にもいることを知りました。

 米テキサス州在住で19歳の女子大生。彼女の討ちとった動物はライオン シロサイ チーター ゾウ カバ。討ちとった動物とともに満面の笑顔で記念撮影。これをFacebookに投稿。人気者になって将来、テレビの狩猟番組の司会者になるのが夢。現在彼女のFacebookは炎上中で、抗議の署名活動が継続中。

 米ユタ州に住む、8児の母親でもある41歳の女性。2010年にアフリカで希少動物のキリンを狩り、その死体の横に寝そべり笑顔で記念撮影。「年老いた繁殖能力もない死期のせまった雄のキリンなので、現地の住民が肉や骨を利用できるように殺してあげた」というコメント。さらにこれまで 射とめてきた多数の動物たちと笑顔の自分、そこに必ずそえられるクロスボウ。中でも恐怖なのは、しとめた大ワニの口に木の枝をつっかえ棒にして口を大きく開かせ、笑顔の彼女がともに映る画像です。これを自身のFacebookに投稿、現在彼女のFacebookも炎上中であり抗議の署名活動がまき起こっています。

 「セシル ライオン」とだけ語句をいれてヒットしたのは以上の記事で終わったのですが、管理人は彼らが共通して狩りに使う「クロスボウ(ボーガン又は弓矢)」を知りたく、検索していくというおろかなことをしてしまいました。以上に書いた3人だけでなく、同じようなたくさんのゲームハンターの存在を知ることになりました。

 高校生の女性がクロスボウで熊を仕とめ、死んだ熊と笑顔で記念撮影、これを自分のFacebookに掲載という記事が2件。また、クロスボウの魅力を書きつづる狩猟愛好家。クロスボウの使い方、クロスボウで打たれたイノシシが長時間にわたって苦しみ死んでいく様子を映し出したYou Tube動画の存在など、たくさんの記事も動画も管理人にはとても見る勇気はありません。

 彼らが共通してクロスボウを使う理由は、ライフルで1発で仕とめるのでは満足は得られず、動物を長時間にわたって追跡し、恐怖と苦しみをあたえたのち、死に至らせることに、大きな喜びが得られるということです。

 管理人は長い人生を生きてきましたが、このような人たちがいることを初めて知ることになりました。このブログの記事は動物愛護も交えながら、大切な「命」について書いてきました。毛皮生産反対、水族館も動物園などいらない、ベジタリアンのすすめを書綴ってきました。話し合えばいつかは改善されていくであろう、皆同じ仲間として感じているのです。  

 しかし、ゲームハンティングをする人たちは違います。愛護を訴えることの無力さ。私たちと同じ仲間としては感じられない異質な人たち。動物愛護活動と対極をなす人たち。人類の0.0・・・001%しかいない極めて少数の人たちなのでしょうが、彼らの犠牲になる動物たちがかわいそうでなりません。今回のセシルの死がゲームハンティング規制につながっていくことを祈ってやみません。

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

太地のイルカ問題再燃

140129-20JPG.jpg
↑ アメリカ CNNニュース 2014年1月18日放送 
You Tube動画 こちらをクリック
140129-21.jpg
↑太地のイルカ猟 CNNニュースより 
140129-23.jpg
↑太地のイルカ猟 CNNニュースより

 アメリカの駐日大使であるキャロライン・ケネディさんがツイーターでイルカの追い込み漁について懸念を発言し、イルカ問題が再燃しています。過去に管理人がこのブログにイルカ問題を書いていますが、それ以後、意見が少し変わりましたので再び書きたく思います。

 ケネディさんへの日本側の回答は「イルカ猟は日本の伝統的な食文化であるから何も言ってほしくない」というものです。ここで多くの日本の人たちが首をかしげることでしょう。
 それは、「日本の食文化」と表現されていることです。日本国内でイルカ猟をしていることや、その肉を食べている人がいることを、ほとんどの日本人は知らなかったはずです。管理人は太地のイルカ猟を描いたドキュメンタリー映画「ザ・コーブ」により始めて知ったくらいです。イルカ肉が売られているところを目撃したことは未だにありません。

 イルカを食べることは日本の食文化であるという表現は、多くの日本人が日常的に食している。そのため、必要量をみたすために、ザ・コーブで映し出されたイルカ殺戮が頻繁に行われていると、日本の実情を知らない外国の人たちが錯覚し、このようなことはやめてほしいと言っているのではないでしょうか?
 イルカ猟は日本の一部の地域でのみ行われているもので、それを食している人はほんの少数であり、年間○○○頭しか獲っていませんよとはっきり言ったなら、これだけ大騒ぎする問題に発展しなかったと思います。日本の一部地域に残る食文化であると表現を改めるべきでしょう。

 管理人が憶測するしかない不明な問題点があります。それは、日本のイルカ捕獲割り当ては年間1.5万~2万頭ですが、このうちのどれだけが本当に人の胃袋に入って食されているのかという点です。ザ・コーブには魚網を破損させたりするので害獣駆除としてイルカを殺しているという発言がでてきます。過去には九州にイルカを丸ごと粉砕する機械があったそうです。粉砕された肉は家畜の飼料や畑の肥料として使われたり、単に廃棄処分されたりするものもあるとネット上で読みました。
 陸上でも、農作物や木々の芽を食べて被害を与えるという理由で、猿やシカやイノシシの駆除が続いています。海での害獣駆除もありうることでしょう。

 害獣駆除が目的であるか否かは行政機関でも把握していません。なので、その真意の話しさえできずにいます。食するためにこれだけのイルカを獲り、害獣駆除目的では行わず、年間これだけの頭数を捕獲しているということをはっきりさせてみれば、収束に向かうはずです。人が食するためには、年間1000頭も獲れば十分ではないかと管理人はみています。

 イルカも鯨も日本のほんの一部地域の食文化でしかありません。「日本の食文化であり生活のために獲っている」という誤った表現を即刻やめ、海外でどれだけの非難がうずまき、日本のイメージダウンになっているか早く気が付いて、対処しなければならない問題であると思います。

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

 


調査捕鯨再開

111008kanou2.jpg


 鹿野道彦農林水産相は2011年10月4日の記者会見で、南極海での調査捕鯨について「商業捕鯨(再開)を目指すためには調査捕鯨の継続が必要」と述べ、今年度の実施を表明した。YouTube 
 
 昨年の12月に日本鯨類研究所への水産庁からの天下りがゼロになり、今年の2月には調査捕鯨を早期中断し、捕鯨船団を日本に帰港させると正式に発表した。管理人はいよいよ20年間も続いた調査捕鯨に終焉が訪れたものと喜んでいた。農水省のすることはいつも常識を打ち破られる。

 捕鯨賛成派の意見をweb上で読んでみた。最も多いのは「鯨を食べて何が悪い」「捕鯨は日本古来の伝統であり、日本の食文化だ」というものである。

 鯨を食べるなと言っているのではない。そうではなく、食べもしない鯨を調査と偽って年間1000頭も殺害し、洋上で肉と一部を製品として冷凍加工され、その他はすべて海に捨て去り、持ち帰った肉は需要もなく、小中学生の給食として強制的に、デパートで半額セールにと投売りにして、命を粗末に扱う行為に反対しているのだ。
 鯨肉は日本の食文化ではない。鯨肉は食肉供給量(牛・豚・鳥・鯨)の0.14%(2006年度)を占めるに過ぎず、今も昔も日本の食文化ではない。鯨肉を食べる人の為に年間50頭も捕獲すれば十分だろう。食べもしない鯨を年間1000頭も殺戮するという愚かな行為は、日本古来の伝統でもない。

 ほんの一握りの人達の食欲を満たすために国営で捕鯨を操業し、国民の税金を使い、経営はすでに破綻寸前、商業捕鯨が解禁されても日本の水産会社には見向きもされず、世界中から批難をあび、国際的に孤立を招くような愚かなことを、鹿野道彦農林水産相はこれからも推進するのだという。
 ある外務省勤務の職員が自らブログの中で発言する。「捕鯨にこだわる真の理由が、農水省の省益、天下り利権の温存から来ている事を私は知っている。」と‥。


以下 web上から参考になる記事を抜き出しました。

☆ 2011年9月30日報道読売新聞 「政府は第3次補正予算 に、調査捕鯨の継続のための予算、20億円を計上」日本鯨類研究所がかかえる赤字30億円を補填するつもりなのでしょう。いずれ破産するしかない会社に20億円もの税金が使われようとしています。管理人

☆ 水産大手三社が、たとえ商業捕鯨が解禁されても再参入しない方針を明らかにしたという 
 2008年06月14日朝日新聞
「昔食べた人は懐かしいだろうが、他の肉のほうがおいしい」(日水)
「若い人は鯨肉を食べない」(極洋)
「捕鯨船は数十億円の投資がかかり、収支が合わない」(マルハニチロ)

☆ 日本鯨類研究所の毎年の調査捕鯨費は50億円~60億円で、うち5億円が国民の税金である。

☆ 一般事業費約8億2千万円のうち、約6億円が広報費として、そして約1億3千万円が調査研究費として当てられていることがわかります。つまり、研究所であるはずの同団体の一般事業費の70%以上が広報費に使われているのに対して、調査研究費はたったの16%程度ということなのです。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

太地のイルカ猟に世界中が抗議 署名170万名!

110913taiji1.jpg

110913taiji4.jpg

110913taiji.jpg

110913taiji7.jpg

110913taiji10.jpg

 ↑太地のイルカ猟が9月1日から解禁になった当日、アメリカで抗議デモが行われた。
facebookより抜粋 http://www.facebook.com/media/set/?set=a.242725019098005.50792.130698636967311
 ザ・コーヴに出演したオバリー氏が世界152カ国から集めた署名は170万にものぼり、昨年2010年9月2日、日本の米大使館をとおして日本政府に提出された。

 管理人はイルカ肉が人の食用の為に猟が行われているようにはどうしても思えない。水産庁・和歌山県庁・そして太地役場に電話をして尋ねた。皆「人が食べています」とおしなべて答える。しかし、どれだけの量が人の食用にまわっているのか答えようとはしない。

 クジラ肉は最近まで5000トンも冷凍庫に眠ったまま需要がなかった。水産庁は全国5000校の小学校に3分の1の価格で卸し、これでようやく在庫が減りつつある。小学校の児童に強制的に食べさせて、在庫整理に懸命だ。クジラ肉でも消費者は買おうとしないのだ。ネット上でイルカ肉がおいしいという書き込みがほとんどなく、これでは国民の1㌫にもみたない人々の需要しかないのではないか。

 日本のイルカ猟は漁業の邪魔者として殺すためだけに行われるにちがいない。漁獲高の減少はイルカのせいではなく、人間が乱獲しているためだ。太地町は世界中の水族館用に生体輸出で高利益をあげる産業にまで成長したが、動物を人間の娯楽のために見世物にする水族館や動物園への批判は増すばかりだ。何から何まで世の中の流れに逆行し続け、世界中から批難をあびる太地のいさな組合の将来は、このままではないといって間違いないだろう。管理人

☆イルカ漁等に対する和歌山県の見解 こちらをクリック 

 イルカ肉をほんの一部の人々が食べるだけで、日本の食文化だと言われるのなら、見たことも、食べたこともない大多数の日本人にとって迷惑です。食べもしない、人に危害を加えもしないイルカを2万頭も大量虐殺する、恥ずべき民族と見られてしまいます。日本の恥です!
 人が食べるだけのイルカを獲ってください。1000頭も獲ればあり余るはずです。それならば世界中の人達はなにも抗議することはないでしょう。水銀に加え放射能汚染に関して、十分な検査をしてください。管理人


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

ザ・コーヴ 日本のイルカ猟の実態

 ザ・コーヴを観た。私はこの映画を知るまで日本でイルカ猟があり、イルカ肉が売られていることなど全く知らなかった。ユーチューブ動画で太地のイルカ猟の残酷さをしっかり見ていた後だったので、ずいぶん控えめな映画に感じた。残酷シーンは最後の10分間もないほどであったが、私は泣けた。

 この映画の論争がネット上に飛び交っている。牛や豚を大量に食べるアメリカが日本の食文化に口出しするなという意見が多い。私はイルカ肉を見たことも食べたこともない。おそらく日本人の90㌫の人達は食べたことが無いのではないか。これで日本の食文化といえるだろうか?わずか10㌫の人達を擁護するために、これだけの論争を日本人同士で争うことが気にかかる。
 
 中国やベトナムや韓国では犬猫肉を食べる。しかし韓国では犬猫肉廃絶運動をする活動が年々活発となり、それほど遠くない日に犬猫肉を食することはなくなっていくだろう。台湾では以前は犬肉を食べたそうだが、今では法律で禁止され、犬肉を食べた男性に250万円の罰金が言い渡された事例があった。
 
 犬猫を食べる。猫愛護活動をしている私たちは背筋の凍る思いだ。私たちだけではない。日本人の恐らく大部分の人達が犬猫肉を食べるこれらの国々にある感情をいだかざるをえないのが本音ではないだろうか。それと同じことが海を真っ赤に染めイルカ猟をする日本にも向けられている。生きたままのイルカの後ろ足を縛り上げ、トラックで道路上をひきずって賭殺場に走るシーンがユーチューブ動画で全世界に放映されているのだ。

 世界中から批難をあびながらイルカ猟を擁護して日本のイメージを落とすことは、愚かなことではないだろうか。イルカの捕獲を10㌫の人達が食する量だけにとどめることにすれば批難は全くあがるまい。ザ・コーヴで初めて知ったことは、日本のイルカ猟は人が食べるためではなく、イルカが魚を多く食べるという理由で害獣駆除であることを知った。イルカが原因であるという根拠はないという。

 スペイン北東部カタルーニャ自治州は2012年1月1日から闘牛を禁じる条例を賛成多数で可決。「闘牛は公開の拷問」「野蛮な伝統の終わり」を宣言した。アジアの犬猫肉食もいつかは収束していくだろう。人類は牛・豚・鳥そして魚さえもこれまでのように飽食するのではなく動物の命を大切に感謝していただくようになったなら、様々な問題が解決し、争いごとも少なくなり、人の性格まで穏やかになっていくだろう。人間は少しずつ少しずつ蛮性を捨て、捨てなければいけない伝統は捨て去って、進化していかなくてはいけないのではないか。

以下 論争の答えとなる事実をネット上で検索しました。

1)日本で1年間に殺害するイルカは20.000頭。

2)太地の伝統といわれるイルカ追い込み猟は1933年に始まり、1969年から本格的に行われるようになったもので、わずか40数年の歴史しかない。

3)20.000頭のイルカ肉の多くは、人間が食するのではなく、家畜の飼料、ペットフード、肥料、または破棄され、日本のイルカ猟は害獣駆除の目的で行われている。漁獲高が減ったのは人の乱獲によるもので、減り続けるイルカによるものではない。

4)太地の収益は世界中の水族館にゴンドウイルカやシャチを納入することで得る大きな産業となっている。ゴンドウイルカが1000万円。シャチのナミちゃんは名古屋市が5億円ものお金で太地から購入した。

5)水産庁はイルカ肉の水銀はマグロと同じであり人が食しても問題ないと言っていますが、基準値の10倍を超えるという書き込みがあります。今後は放射能汚染も早急に検査をするべきです。

映画「ザ・コーヴ」オフィシャルウエブサイト



 下記閲覧注意! 残酷画像です。クリックとともに再生されますのでご注意ください。
 
 ☆生きたままのイルカの足を縛り、トラックで道路上をひきずって賭殺場に運ぶシーン
  YouTube動画より抜粋
 
 ☆イルカを数秒で即死させているはウソ YouTube動画



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。