TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「世界が食べられなくなる日」

130411-10.jpg
↑ 映画「世界が食べられなくなる日」公式ホームページ こちらをクリック
130411-4.jpg
↑ 予告編より
130411-2.jpg
↑ 予告編より

 マリー=モニク・ロバン監督の「モンサントの不自然なたべもの」に続き、再びフランスからジャン=ポール·ジョー監督のドキュメンタリー映画「世界が食べられなくなる日」が上映されます。2013年6月8日(土) 渋谷アップリンク ほか 全国順次公開
 

 映画には殺虫性を持たせた、遺伝子組み換えBtトウモロコシを食べさせたマウスに、ピンポン玉の大きさの癌ができた映像が紹介されています。すでに、ネット上では以前から、画像や動画検索で見ることができました。

 遺伝子組み換えBtトウモロコシについて、少し詳細を書いてみます。
 
 頭文字のBtとは、もともと自然界に存在する細菌であるバチルス・チューリンゲンシス菌(Bt菌)の遺伝子が組み込まれたトウモロコシのことです。さらにサソリ類、ヘビ類、カリバチ類由来の遺伝子も挿入されており、植物体自らが殺虫成分を豊富に作り出しています。胞子からトウモロコシの実、葉、茎、根っこにいたるまで、どの部分を虫がかじったとしても、死んでしまうという、食物というよりも、殺虫剤製造植物体に作り変えられたモンスターです。蝶やミツバチやすずめなどの減少はこれが原因であると言われています。土中の生物をも抹殺し、死にたえた農地にしてしまいます。

 これを家畜の飼料にする、または人が直接食べて健康に異常がないと考えるほうが不自然です。日本はアメリカから遺伝子組み換えトウモロコシの世界一の輸入国です。食用コーン油やM製菓のカールを昆虫たちにやれば、どのようなことが起きることでしょう。

 遺伝子組み換えは有機農業の未来まで奪ってしまいます。

 Bt菌は天然の農薬であり、有機栽培で害虫を駆除するために使える数少ない選択肢の一つです。ところが遺伝子組み換えによって、昆虫がBt菌に耐性を持つようになってしまい、害虫の駆除にBt菌の効果がなくなってしまったのです。その結果、有機農家は害虫の発生を抑えるための手段をなくし、化学殺虫剤に頼るしかなくなりました。
 遺伝子組み換え植物の花粉や種子は、風や昆虫、雨などによって飛散し、有機栽培の作物の中にも入り込んでしまっています。これでは「有機栽培」と表示して販売できないのです。

 タンパク質の主な目的は、食品の栄養価を高め、これを食する動物のために存在するのではなく、植物体自身の損傷を防ぐことであり、昆虫を撃退し、除草剤から植物を保護することです。他の生物から食品に導入された遺伝子は、その種の食べ物には通常は存在しない未知のタンパク質を作ります。このタンパク質を食べた人には有毒ではないのでしょうか? アレルギーや癌を発生させないでしょうか?

 上記の映画に“原発と遺伝子組み換え いのちの根幹を脅かす 二つのテクノロジー”とあります。原発は偶発的に、遺伝子組み換えは計画的に、遺伝子をキズつけ書き換えてしまい、もはや後戻りできないという共通項があります。命への極限の暴力といえるでしょう。

 本日2013年4月12日東京Webでは「政府は環太平洋連携協定(TPP)交渉参加の前提となる米国との事前協議を12日に完了し、自動車や保険分野などの合意事項を盛り込んだ共同文書をまとめる方針を固めた。米政府は日本の交渉入りを近く米議会に通知し、90日間の承認手続きを経て7月の日本の交渉参加が決まる」と記事がでていました。

 どこまでも日本民族をアメリカの餌食にささげたい、安倍晋三の暴挙に、メディアも応援の記事を書くほどです。
 人類1万年のあたりまえの営みであった「生命のための食」が、「一部巨大企業の金儲けのための食」に、そして「人類支配のための食」へと、暴走はもはや止められなくなってきました。

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

遺伝子組み換えサケの承認間近

130228.jpg
↑半分の生育期間で6倍の大きさに成長する遺伝子組み換えサケ(上)

 アメリカ、マサチューセッツ州ウォルサムアクアバウンティ・テクノロジーズAquaBounty Technologies社により開発された遺伝子組み換えサケ(アクアドバンテージ・サーモン)を食用として承認する予定にあがっています。
 このサケは自然界の大西洋のサケが成長するには400日かかるのを、250日未満で成魚に育つように、キングサーモンの成長遺伝子と、オーシャンパウトと呼ばれるゲンゲ科の魚の遺伝子プロモーターを導入して作製されています。

 遺伝子工学の研究者から重要な問題点があがっています。
1999年、パーデュ大学の研究者は、遺伝子組み換え魚は、繁殖力が強く異常に大きなサイズのため、他の魚より〔性的に〕魅力的で、一般の魚は産卵の際に、フランケン・フィッシュのオスをパートナーに選ぶことを発見しました。つまり遺伝子組み換え魚は野生種よりも繁殖力が強いのです。しかし繁殖力が高いという一方で、不自然な成長遺伝子を引き継いだために、生存能力はきわめて低いということが分かっています。

 2倍も早く成長するわけですから、食欲は野生のサケの2倍、生命活動は2倍の早さで進んでいきますので、老化は2倍の速さで進む。すなわち寿命は2分の1か又はそれ以下。生命体がとてつもなく無理を強いられているだろうことが素人の私にも分かります。企業はフランケン・フィッシュはメスのみを養殖し、またメスは不妊で子孫を残すことはできないため、外洋にあやまって入ってしまっても大事に至らないと説明します。

 魚類の中には群れの中にメスばかりがふえてくると、その中の一番大きなメスがオスに性転換するという種類があり、サケは性転換する魚といわれています。遺伝子組み換えサケは不妊と企業は説明しますが、ではどの様に稚魚を得るのでしょうか?

 60匹の遺伝子組み換え魚が6万匹の野生の魚の中に混入した場合、その野生種は40世代以内に絶滅することを、研究者らは発見しています。

 パーデュ大学のウアィリアム・ミューア教授は、「これはトロイの木馬に似ている」と言います。「成長遺伝子を何か良いもののように見せかけて集団の中に侵入させ、最終的にはその集団を全滅させるのだ。」この絶滅へのシナリオを「遺伝子によるトロイの木馬効果」と名づけました。

 アクア・バウンティがサーモンの認可を得れば、すでにGMマス(トラウト)とGMテラピアも認可待ちという状態です。

 大学の研究室には遺伝子組み換え企業から数10億円規模の献金が入っており、このような研究の結果を発表するパーデュ大学の研究者は勇気ある信念の人たちといえます。巨大な資本にものをいわせ、政府の中枢を自分たちのよいように骨抜きにするやり方は原子力と全く同じです。
 企業が10年以上もかけて開発製造したカネ儲けの商品を、諦めるはずはないでしょう。

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村



命をモノとして扱う究極の暴力 遺伝子組み換え技術 2

130221-5.jpg
↑遺伝子組み換えサケ(奥)と同年齢の天然サケ(AP=共同)

130220-12.jpg

130220-11.jpg

↑You Tube動画 遺伝子組み換えのサケ 米で販売へ?  こちらをクリック

 これまでは農作物の遺伝子組み換えを書いてきましたが、動物界ではどこまで進んでいるのでしょうか。遺伝子組み換え技術が紹介された20数年前、人が食べやすいように骨のない魚、泥水の中でも育つ魚ができると聞いたことがありました。現在は何処まで進んでいるのか、ネット上で調べてみましたが、極秘にされているようで、あまりでてきません。植物界以上に先端技術を駆使して進んでいるものと思われます。

◇ カナダと米国を本拠地にしているA/Fプロテイン社は、市場サイズになるのに通常は3年かかるものを12から18カ月にするとされる成長ホルモン分泌遺伝子を挿入されたサケを作り出し特許を取得。このサケは「バイオグロウ」と呼ばれ、別名「フランケンフイッシュ」という汚名がついています。初の遺伝子組み換え動物で、販売は未だに引き延ばされています。チリでは通常の10倍の速さで大きくなる魚が開発中という情報があります。

◇ 人の遺伝子を豚の精子に組み込み、人間の遺伝子が入った心臓、肝臓、腎臓を持つ人への移植臓器を丸ごと作らせる豚を開発中。

◇ 群馬県の養蚕農家で異常に強い糸を出す蚕を遺伝子組み換えで育てていた。この蚕には人と豚の遺伝子が組み込まれ、この糸から人工血管を作るのだという。

◇ 2007年中国 蛍光たんぱく質を抽出したクラゲの遺伝物質を注入した。緑に光る「蛍光ブタ」の開発に成功。

◇ 2010年カナダ政府当局はこのほど、環境の水質汚濁を防ぐ目的で、ブタの尿と糞に含まれるリンが通常のブタの65%以下という遺伝子組み換えブタの生産を条件付きで認可したと発表した。

 ネット上で検索できたものを少し書いてみました。豚の記事が多くヒットしました。豚は食用のみならず、人間の為に遺伝子レベルにまで利用つくされるというかわいそうな運命を背負っています。


 「命」を世の中の幸せのためにというもっともらしい大儀の影に、カネ儲けのために都合の良い生命体を作り出すこと。遺伝子を植物、細菌、バクテリア、昆虫、動物、ヒトまでの種の範囲を超えて、混ぜ合わせる恐ろしさは、生命への極限の暴力ではないでしょうか。 
 人として持っていなければいけない、命へのあたたかい思いやりが抜け落ちて、いったいどこにいってしまったのでしょう。この暴走は、もはや止めることが出来ないほどで、いつも犠牲になるのは弱い立場の人や動植物です。

 数十年後に、種の壁が取り払われた混合生命体が、この地球上に生息し(又は絶滅?)どのようなことがおこっているのか、人類の想像をはるかに超えた恐怖になっているはずです。遺伝子組み換え技術の失敗に気が付く時、原子力をはるかに超える惨禍をひきおこしていることでしょう。

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村


スバァールバル世界種子貯蔵庫

130204-1.jpg

130204-4.jpg

130204-3.jpg

130204-5.jpg
↑ You Tube 終末の日の要塞 スヴァ-ルバル世界種子貯蔵庫 こちらをクリック

 Google写真集 こちらをクリック

 巨大アグリビジネス企業数社による、食糧で人類を支配する計画が益々現実味をましてきました。原子爆弾は誰もが瞬時に恐怖を感じますが、食糧では恐ろしさはなく、それゆえ人類をじわじわと支配していって、気が付いた時には手遅れという、最終兵器になりうることが分かってきました。

 2008年2月26日、マイクロソフト社のビル・ゲイツ氏の主導のもとに、ノルウェー領のスバァールバル諸島にある、スピッツベルゲン島の永久凍土の島に、地球上の種子を冷凍保存する世界最大の種子貯蔵庫が完成し、操業を開始しました。最大300万種の種子を保存可能な地下貯蔵庫は、温度をマイナス18~20°Cに保たれ、万が一、冷却装置が故障した場合にも永久凍土層によってマイナス4 °Cを維持できる環境に置かれています。大規模で深刻な気候変動や自然災害、(植物の)病気の蔓延、核戦争等に備えて農作物種の絶滅を防ぐためという種子を守るシェルターです。この施設の協力者は他に、モンサント、ロックフェラー、シンジェンタという多国籍御三家が名をつらねています。ネット上には世界種子貯蔵庫が、人類のためのすばらしい事業であるという意見の書き込みがありますが、協力者の名前を知れば、何かを目論んでいることは間違いないでしょう。
 マイクロソフト社のビル・ゲイツ氏がイワクつきの多国籍御三家と行動を共にしていることで、氏がどうしてコンピューターの世界を独占できたのかが見えてきます。彼らの共通した戦略は「独占する」ということにあります。

 モンサントの遺伝子組み換え技術は種子に自然界では起こりえない組み合わせの遺伝子を挿入して、言ってみれば、モンスター種子を作り出し特許を申請することです。
 例えば、殺虫剤を噴霧しなくてもよい植物を作り出すために、植物体自らが殺虫成分を作り出すように、挿入される遺伝子は、細菌類、サソリ類、ヘビ類、カリバチ類由来の遺伝子という狂気ともいえる恐るべきものです。いつのまにか殺虫剤までもが自己製造できる植物体となり、モンスターに変身。これを食べた私たちの健康に異常が起きることは必須でしょう。モンスター植物の胞子は周囲の作物や自然環境にまで広がり、将来の地球上の植物がこれまで見たこともない植物群にとってかわっていることでしょう。

 地球上の植物がモンスターに変わり、使い物にならなくなったとき、種子貯蔵庫の種子は彼ら巨大企業に膨大な利益どころか、人類すべてを支配してしまうほどのパワーをもつのではないでしょうか。まるでSF映画を見ているようです。

 種子は、地球上の人類が膨大な年月をかけ、何千、何万という品種を守り育ててきた、地球上で生きていく生命が享受できる大切な宝物です。こうした種子を勝手に横取りし、遺伝子組み換え技術という倫理観の欠如したテクノロジーで、遺伝子組み換え作物を作りだして特許をかけ、「知的所有権」を主張するという狂気に、原発以上の反対をしていかなくてはなりません。
 EU諸国では国をあげて反対運動がまき起こっていますが、日本では一部市民が騒いでいるだけです。政界、財界、メディアからストップさせる意見が全く出てこないのが恐ろしく感じます。
 アメリカのCIAレポートには「食糧は米国にとって最終兵器である」と記述されています。遺伝子組み換え技術を利用して、食糧を原子爆弾以上の威力を持たせる「遺伝子爆弾」にする先端技術が、私たちの知らないうちに完成されつつあると言われているのです。

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

命をモノとして扱う究極の暴力 遺伝子組み換え技術 1

 食糧は人類を支配できる最終兵器になりうると、前のブログに書きました。食糧を最終兵器にするためには、どのようなテクノロジーを使用するのでしょうか。

 私たちには、すでに昔から、なじみのあるハイブリッド一代交配種子(F1種子)というものがあります。1950年くらいから開発され始め、私たちが食べている野菜や花々の種子はF1が今ではあたりまえになっています。一代目はそれぞれかけ合せた種子同士の良い性質がでますが、二代目はそれぞれの悪い面がでて、毎年種子会社から種を買わなくてはなりません。F1種子では、種子会社や農薬、化学肥料会社が儲かるだけで、まだまだ人類を支配できるほどの力を持っていません。

 食糧を兵器とするだけのテクノロジーが遺伝子組み換え種子(GM種子)です。
 F1種子は近くにある植物同士をかけ合わせることによって作られますが、GM種子は自然界では起こりえない、種をまたいだ組み換え、例えばバクテリア、細菌、昆虫、動物、そして人の遺伝子を種子の中に遺伝子銃で挿入するバイオ技術です。
 種子を人為的にある目的をもった特殊な性質に作り変える技術ですから、F1種子のようなおだやかなものでなく、開発目的が悪意のあるものであったなら、取り返しの付かない恐ろしい事態に発展していきます。

 知られているものを2つ書いてみます。
☆ターミネーターシード(自殺する種子)。次世代のタネを自ら毒をだして殺し、発芽しないようにして、人々が種子を勝手に使えないようにします。農家は毎年、種子と農薬をセットで買わなくてはなりません。この遺伝子組み換え作物の胞子が正常な植物に受粉すると、これもターミネーターに汚染していくという恐ろしさがあります。

☆トレーター種子。植物が備えている発芽や実り,耐病性などにかかわる遺伝子を人工的にブロックして、会社が販売する抗生物質や農薬などの薬剤をブロック解除剤として散布しない限り、収穫ができない種子。

 一般に知られていることは以上ですが、発表されていない、恐るべき多数の計画が秘密裡に研究され、組み込みが進んでいるはずです。

 農家は毎年GM品種では約90%を支配しているモンサント社から種子とセットで農薬や抗生物質を買わなくてはなりません。GM種子は農家を支配し、最終的に人類を支配するための最終兵器となりえます。私たちがモンサントにはむかえば餓死が待っているのです。モンサント社の恐ろしい正体がはっきりと現れてきました。

 生命が長い時間かけて勝ち取り、生きぬいてきた性質を、人為的に、つごうの良い性質に書き換え、特許を取得し、カネ儲けのために利用すること。これは命をモノとしてあつかう究極の暴力ではないでしょうか。放射能の恐ろしさは遺伝子を傷付けること、遺伝子組み換え技術は人為的に都合の良い性質に書き換えること。恐ろしさでは遺伝子組み換えのほうが上です。自分たちが大もうけすれば、他の命などどうでも良いというのでは、人として大切なものが抜け落ちてしまっています。このような悪に最先端のテクノロジーをつぎ込む資金と頭脳を、他の方法で地上を楽園に変えることに使えないものでしょうか。遺伝子組み換え技術は原発と同じように、取り返しのつかない状況に、人類を追い込んでいくはずです。

 EU参加国のうち、オーストリア、ブルガリア、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、ルクセンブルク、ポーランドの8カ国は、遺伝子組み換え作物の承認を2014年末まで凍結することを決定、それぞれの国で、GM作物の栽培を制限か禁止する制度を作っています。
 私たちの日本では、アメリカの言いなりとなり、一部の市民のみがさわいでいるだけという、いつもながらの何も知らない、お人よし国家に、官民あげて誘導されているのです。

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。