TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棄て猫地帯の猫たち-9 棄てられたばかりの子猫を保護

bi21-2.jpg

bi21-3.jpg
保護した時の様子
090823-13.jpg

 町内を歩いてると遠くからひっきりなしに子猫の泣き声がかすかに聞こえる。私は聞こえてくる方向に歩を進めた。あるお店の看板の下にようやく子猫を発見。棄てられたばかりなのだろうか。うろたえてただ泣き叫ぶばかりだ。離乳が終わりカリカリが食べられる大きさに育っている。人には大変馴れており誰かに拾ってもらおうとこの場所に棄てたのだろう。ここは本通りで車の出入りが多く、見捨てれば車にひかれてしまうだろう。会で保護した3匹目の仔となった。
 
 只今里親さん募集中です。シマちゃん。オス生後1.5ヶ月。とても甘えん坊な甘たらニャンコちゃん。詳しくはこちらをごらんください。お問い合わせはcat@art102.sakura.ne.jpまでどうぞ。
猫ちゃんへ愛をこめてニャンクリックをお願いいたします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

棄て猫地帯の猫たち-7

090823-1.jpg

090823-11.jpg

090823-16.jpg


 この町にはいたるところに棄て猫防止のポスターが貼られている。おそらく地域面積に対する貼付枚数は全国1かもしれない。アキ缶を棄てないでというカンバンの下にはアキ缶の山ができるのと同じことがこの町内でおきている。写真の仔たちはすべて捨猫のようで、皆大変人に馴れている。サビ猫ちゃんの首には首輪がついたままだ。ほぼ若い猫たちばかりで成猫になると捕獲され処分されるらしい。あと数ヶ月もすればこの仔達はここから姿を消し、新しい顔ぶれの棄て猫たちに代わっているはずだ。このようなことがこれまでに延々と行われてきたのだ。
猫ちゃんへ愛をこめてニャンクリックをお願いいたします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

棄て猫地帯の猫たち-6 妊娠している三毛ちゃん

090823-8.jpg

 町内の生活道路で人通りも多いところに三毛猫ちゃんが寝そべっている。お腹が大きくすでに赤ちゃんがお腹にいると分かった。付近の人に尋ねてみれば飼い主はおらず野良猫と分かる。このままでは望まぬ命が生まれてしまう。いったん私たちは見捨てていったが、帰路再びこの猫ちゃんに出会った。即座にTNRをすることを決め連れ帰った。耳にはUカットを入れて6日先には元の場所に返す。会が初めてTNRした猫となる。
猫ちゃんへ愛をこめてニャンクリックをお願いいたします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

棄て猫地帯の猫たち-5

090823-7.jpg

090823-12.jpg

 町内の大きな駐車場の真中で身体を寄せ合って眠る子猫。兄(クロのハチワレ)妹(キジとら)だろうか。避妊去勢手術をする人はおらず、数ヵ月後には赤ちゃんがうまれてくるだろう。キジとらちゃんの左目からは膿が出ており失明が心配だ。お腹にはマンソンがいるようなので持っていった駆虫薬ドロンタールを飲ませた。この仔たちも1年もしないうちにここから姿を消すはずだ。捨猫のあまりの多さに私たちは数匹を保護できるだけのことで何もできないのだ。
猫ちゃんへ愛をこめてニャンクリックをお願いいたします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

棄て猫地帯の猫たち-4

目やにが止まらない猫ちゃん
090823-6.jpg
皮膚病の猫ちゃん
090823-5.jpg


 野良たちの環境は苛酷だ。眼病や皮膚病は外見から判断できるが、お腹の中の虫。中でもマンソンやコクシジュウムなどの見えない敵が彼らの命を奪う。見かける猫たちは皆痩せており、お腹にはマンソンがわいているのだろうか。ここには若い猫たちばかりを見かける。それは町の人が役場に連絡をして、いらない猫を指させばすぐに捕獲して処分してくれるのだという。愛護法はどこにいってしまったのか。近日この町の市役所に改善の要請をします。
猫ちゃんへ愛をこめてニャンクリックをお願いいたします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。