TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬猫の刑場

 東京拘置所(東京都葛飾区)の刑場が公開された。私たち国民がこの画像をあからさまに見ることはおそらく初めてのことだろう。赦されない罪を犯した人が最後の審判を受ける部屋。20分間の激しい苦しみがあると聞く。

 20分間!これは犬猫が処分室の炭酸ガスで窒息死させられる断末魔の時間と同じだ。処分室の床は彼らが引掻いた苦しみの後が無数に残っていると言う。その数は1年間で30万匹!1日では820匹もの命が死刑囚と同じ苦しみを与えられるのだ。罪を犯したわけでもない犬や猫がなぜこのような惨たらしい処分を受けなければならないのか。それが当たり前のように数10年も私たちの国で続いているのだ。保健所ではこれを「安楽死」と今でも表現する。持ち込む者もさぞ気が楽だろう。
 
 昨年下関市井田の動物愛護管理センターに世界で初めて吸入麻酔剤による「安楽死」処分が始まった。私はこの装置を全国の処分場に設置してほしいと一抹の不安を感じながらホームページに書いた。しかし、その不安は的中した。下関市の猫の処分数は2006年では1263匹、2008年では984匹と減少していた。しかし吸入麻酔剤による「安楽死」処分が始まった2009年には1502匹と増加したのだ。動物の苦痛をなくしたいとの考えから導入した安楽死だが「楽に無料で死なせてくれるのなら」と身勝手な人間を助長させる結果となった。人間の罪というのは底なし沼だ。

 私はある動物愛護の講演会で大型犬を注射液による安楽死処分の映像を見た。腕に麻酔剤をうたれた犬は苦しむ様子もなく横たわり、10秒後には完全に心臓は停止。今でもこの画像が頭に焼き付いてはなれない。
 飼うことができなくなった犬猫は飼い主の腕に抱かれて、又はすぐ傍らにつきそってもらって、安楽死の注射を医師がうち、遺体は飼い主が持ち帰り手厚く葬るというのが人のおこないではないだろうか。弱い命を物のように扱うことを何とも思わなくなった現代社会。この先にあるのは間違いなく闇だろう。

殺処分場のレポートがリンクフリーで紹介されています。少々ショッキングな画像がでてきますが是非訪問してください。左メニューの「処分」と「悲しい現実」を選択。ここをクリック

この取材をホームページで公開をしてくださったMimiさんに感謝いたします。管理人
猫ちゃんへ愛をこめてニャンクリックをお願いいたします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

飼い主さん募集中の猫ちゃん全員集合!

只今飼い主さん募集中です。かわいらしい猫ちゃんがたくさんいます。是非お問合せください。

1008221-100.jpg

100822-200.jpg

100822-300.jpg

お問合せはこちらへ cat@art102.sakura.ne.jp
9月に入りすでに貰われていった子がたくさんいます。現在の状況は会のホームページをご覧下さい。こちらをクリック
猫ちゃんへ愛をこめてニャンクリックをお願いいたします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

緊急里親さん募集 仔猫19匹!の体験談

100821.jpg

 昨年7月に3匹の猫が産んだ19匹の仔猫! この仔たちすべてを里親さん決定に持ち込んでいったAさんの汗と涙の体験談をお読み下さい。Aさんは現在、西濃地域猫の会の賛助会員として活動しています。昨年7月のブログ

あれから一年あっと言う間に又夏になりましたね。昨年は大変な夏でした!それは・・・その前に私の家の状況を説明します。家にはドレミと玉三郎と云うオス猫がいます。仲が悪く、近くに魚料理店があり家の中で一緒に飼えず紐で飼っていました。ある時家の前の竹藪からママ猫と子猫五匹顔をみせました。翌日から玉三郎と一緒にご飯を食べていました。子猫の里親をみつけるのに躍起になりましたが貰い手が現われませんでした。その一ヵ月後には又別の猫が七匹子猫を産み、その又一ヵ月後に七匹産まれました。私は六月末になっても事の重大さに気が付きませんでした!何とかなると思っていました!生徒に話した処それは大変とすぐ19匹インターネットで里親募集を開始しました。その時点でやっと猫は貰い手が極めて少ないのを知りました。

 まず会に相談し助言をいただき、親猫は、捕獲し避妊去勢をし、子猫は慣らすためにゲージを買いそこで育て遊んであげる事から始まりました。野良の捕獲は困難で一匹捕まえるのに10日以上かかりました。捕まえたらすぐ獣医さんに運び避妊去勢してもらいました。それと平行して里親募集のポスターを貼らせて貰えるお店を捜しました。生後三ヶ月以内の子猫でないと貰い手が少ない為焦りました。19匹の子猫の世話はとても大変でしたが、その合間に里親募集のポスターを四回貼り直し、新聞広告も三回出しました。しかし里親希望の電話がありませんでした!募集開始から二ヵ月過ぎた頃からようやく問い合わせの電話が入り始めました。募集開始から四か月経過してようやくすべての子猫の里親が決まりました。が新たな問題が!

 近所で猫の糞が問題になっている事でした。そこで一軒ずつ糞の始末をする約束をして親猫は室内飼いは難しいと理解して頂き町内とは今の所もめ事はおきていません。猫は室内飼いをすれば糞の問題もありませんしまた交通事故にあいませんので強くお薦めします!野良猫の捕獲は難しいのでご相談して下さい〓餌をあげたら必ず避妊去勢して下さい!たまたま自分の所に迷いこんできたから家の猫じゃないと言いつつ餌をあげれば居つきます!餌をあげなければ死にます。尊い命の重みを考えて下さい。猫の繁殖力は凄く授乳中に妊娠し年三・四回産むといわれました・避妊去勢しなければ莫大な時間費用(私は50万かかりました)がかかる事を認識して頂きたいと思います。くどいようですが餌をあげたら避妊去勢を必ずして下さい。これは去年の夏の出来事ですが会の方には本当に良い助言・サポートをして頂き感謝しております・細々と自分でできる範囲でこれからもやっていこうと思います。皆さんも自分の猫じゃないと思わないでください。地域には嫌いな方もみえますが地道にすることしていれば黙認して貰えると信じて今日も糞取りと町内の方との交流に行ってきました!本当に昨年はお世話になりました。

猫ちゃんへ愛をこめてニャンクリックをお願いいたします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

猫の地獄 田代島

 猫の楽園と言われる田代島。ここではほとんど避妊去勢手術もされていない100匹もの猫たちが生きている。この猫たちをとりあげ、島の活性化に、写真撮影ツアーの企画、テレビでは面白おかしく放送され、猫好きといわれる人たちが訪れる。この人たちは裏で起きている悲惨な出来事に気が付いていない。仮にメスが50匹いたとすると、1年間で750匹の赤ちゃんが生まれる。自然淘汰が本当ならここでは仔猫孫猫を含め1年間に1000匹を超える仔猫たちが命を亡くす島といってよい。
 
石巻市の石巻市企画部総合政策課地域振興グループ 主査Cさんに電話をした。この島では猫神様と崇められ何も問題はおきていないという。毎年1000匹を超える仔猫が、死ぬ為だけに生まれてくる現状を問題はないと考えるのか。私は絶句するしか他にない。

 島民は70名ほどで高齢者ばかりだ。10年後には大規模多頭飼育崩壊は目にみえている。蚕をねずみの害から守る為に持ち込まれた猫たち。今では島おこしに利用され、10年後には処分が待ち受けている。お祭り騒ぎはやめて、そろそろ眼をさましていただきたい。いつも犠牲になるのは猫ばかりだ。

 皆様のご意見を石巻市や田代島にお送りください。 国民皆様のこれはおかしいというたくさんの意見が巻き起こって、ようやく行政は対応を始めます。
石巻市企画部総合政策課地域振興グループ 宛にどしどしご意見をお寄せください。
石巻市役所 メール ispubinfo@city.ishinomaki.lg.jp
住所 〒986-8501 石巻市穀町14-1 

石巻市のホームページには市政への意見というフォームがありますが送信できません。
石巻市ホームページへ
猫ちゃんへ愛をこめてニャンクリックをお願いいたします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。