TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震で被災された皆様、お見舞い申しあげます

 東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に、心よりお見舞い申しあげます。現在、助けを待っている方々が一刻も早く救出されますように‥ 

  
 このブログの更新は暫く中止させていただきます。管理人
スポンサーサイト

水族館と動物園を楽しむ人と心を痛める人

 名古屋港水族館のシャチ、ナミちゃんが1月14日に死亡した。太地から5億円で購入。寿命70年といわれるシャチだが、27歳という若さでの急逝だ。館長はすぐに他からシャチを購入することを発表、多くの愛護家の猛反対にあい購入中止となった。

 2月25日には滋賀県でおきた移動動物園の火災によって動物たち300匹が焼死。わずか190坪の飼育舎にトラ、カバ、カンガルー、へびなどがぎゅうぎゅう詰めにされていた倉庫が3時間で全焼するという痛ましい事件がおきた。動物たちをマイクロバスに乗せて日本全国を移動し「ふれあい動物園」といわれていたようだ。バスに乗せられた動物たちはストレスで大変だったことだろう。この動物園は他の場所にまだ600匹もの動物がいると言う。動物園の人気は下がるばかりで、数年後には大規模多頭飼育崩壊が目に見えている。

 動物たちに芸を教えて見世物に、子供たちとふれあわせて情操教育にと動物たちは扱われる。外洋を自由に泳ぎまわっているイルカやシャチが狭い水槽に閉じ込められ芸まで教え込まれて、日本にいない動物たちが狭い檻に入れられ、それを見て喜ぶ人たちがいる。一方でこの状況に深く心を痛めている動物愛護家がいる。その違いはどこからくるのだろう。

 ある高名な昆虫学者が言う。「私は昆虫など大嫌いだ。本当は落語家になりたかった」と。そのとおりだ。昆虫が好きならば、短い一生の昆虫を捕らえてきて、薬物で殺し、きれいに標本に並べて得意になることなどできない。
 動物たちを自分と違う場所から観察し、分析することに喜びを見出す感性の人たち。一方で動物たちと同じ場所から気持をかよわせ共感し喜び、そして悲しみを分かち合える感性をもつ人たちがいる。簡単に書くと、ライオンが狭い檻の中に閉じ込められている。これを見て楽しいと感じるのか、かわいそうと感じるのかの違いだ。
 ここで間違えてはいけないことは、前者が劣っている、後者が優れているとは全く関係が無い。動物嫌いな人たちの中に、人間的にすばらしい人たちが大勢いるし。又、その逆もあるのだ。どちらが正しいのか言い争ってもしかたがない。もともとその人が持って生まれた感性の違いなのだから。

 しかし人間にとっては娯楽と教育にすぎないことが、動物たちにとっては命をかけた重大な問題なのだ。人間の感性の違いでこの問題を放置することはできない。70年以上も前からしてきたことを反省も無く、相も変わらず狭い檻に閉じ込め、娯楽に情操教育に動物たちを利用することは、もうやめなければいけない。小学校のウサギ小屋は今後全廃されると聞く。時代は進化している。水族館や動物園など無くても不便は無いし、楽しむことは他にもまだいっぱいある。子供は周囲のあたたかな愛情と関心で育っていくのだ。

 もし自分が動物たちと同じように扱われたならと考えてみれば答えは誰もが一致することだろう。その気持は動物たちにとっても同じこと。人の感性は変えることができなくとも、行いは時代とともに進化していかなくてはいけないのだ。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。