TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンタルDVDを借りて 「食」を考える 3

120926-1.jpg
↑ ありあまるごちそう 予告編より

ありあまるごちそう 公式サイト こちらをクリツク

映画『フード・インク』『ありあまるごちそう』予告編 こちらをクリック

 食を考えるDVDの3番目はフード・インクの予告編にもありました「ありあまるごちそう」を紹介します。ゲオ、ツタヤ、楽天などのネットからレンタルできます。

監督・脚本・撮影 エルヴィン・ヴァーゲンホーファー オーストリア
2005年制作 ドキュメンタリー映画 95分

 1つ前に書いた「フード・インク」がアメリカ編ならば、こちらはヨーロッパ編ともいえる作品です。

内容を簡単に書きます。

・ウィーンで廃棄されるパンの量は、オーストリア第2の都市グラーツで食される量に匹敵する。

・スペインのトマトがトラックで3000kmもはなれたウィーンに運ばれる。

・フランスの小規模漁業は大規模漁業に変わり、魚の乱獲が始まった。

・アマゾンの熱帯雨林が1975年から開発されフランスとポルトガルをたした面積が大豆畑に変わった。ブラジルは大豆生産で世界1位。食糧輸出では世界2位大国でありながら、人口の25㌫(5000万人)の人が飢えや栄養失調に瀕しています。(管理人補足 ブラジルの貧富の格差は世界のトップレベルで人口の16%の富裕層が富の80%を占め、20%の貧困層のその割合は2%)

・ヨーロッパは家畜飼料の大豆を90㌫ブラジルから輸入。大豆は鶏肉に姿を変えて、人が食べる。つまり人がブラジルの熱帯雨林を食べつくすということです。生産者は冬場の暖房費が収益を圧迫、1羽あたり20セントの儲けだけ。オーストリアの鶏肉処理工場の全自動化された生産ラインの映像は眼を見張ります。


出演した国連特別報告者ジャン・ジグレール教授の言葉を列挙します。

「現在の世界経済なら120億人を養える、餓死は殺人にほかならない。」

「世界総生産の52㌫は多国籍企業500社によるもの。目的は利潤の最大化。」

「飢餓は毎日10万人が死んでいる。5秒に1人10歳未満の子供が餓死。ビタミンA欠乏で4分に1人が失明する。2004年では8億4200万人が栄養失調に苦しんだ。」(現在も数値は変わらない)

「豊かなEU諸国とアメリカは、国内の農民に対して補助金を支払っている。2004年では3490億ドル。1日に換算して10億ドル。それは農産物の不当廉売を招き、農業が崩壊する。農業が主産業の南半球では死活問題だ。」(例 アフリカ西部のセネガルでは地元産の農作物の3分の1の価格でヨーロッパ産の農産物が売られている)


 一部の大企業によって、中小企業者や労働者の仕事に無理が強いられます。仕事にありつけない人たちは飢餓に陥いっていきます。
 映画には出てきませんが、アマゾンの原生林で生きてきた、原住民と動物やすべての生き物たちはいったいどうなったのでしょう。
 企業が利益を最大限に追求するために、最も悲惨なのは一番底辺にいる物言えぬ動物たちです。大量生産される命はモノ以下としてしか扱われません。


 私たちには静かに対抗する手段があります。世の中をゆがめてしまうような企業が提供する品物は買わないことです。肉を食べるのを週1回だけにする。地場産の旬の農作物を買う。牛丼が1杯250円!ハンバーガーが1個100円!などと命を粗末に扱う企業からは買わない。そうすれば企業が私たちが希望するように変わらざるを得ないでしょう。

 そして何よりもまず、食べ物となった命に深い感謝をささげることです。命をモノとして扱うような世の中では人類の精神が病み疲れ、平和などあるはずがありません。命を尊べば、生き方が変わる。弱い立場の人たちや動物たちに優しい気持になる。食物となった命に感謝する。いじめ事件なんておきません。食料はありあまるほど存在しています。飢餓が起るはずがありません。

 すっかり企業の戦略に乗っ取られてしまっている現代の「食」の世界。企業のCMに踊らされるのをやめ、命への深い感謝をささげるならけっして間違ったいき方にはなりません。健全な食生活を取り戻すのは私たちの側にあります。自分は変わることができるのです。

 ありあまるごちそうの公式サイトには監督へのインタビュー記事があります。映画の理解の為にこちらも是非お読み下さい。

 お知らせ
120812-1.jpg
 詳細は こちらをクリック

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

レンタルDVDを借りて 「食」を考える 2

120921.jpg
↑ フード・インク 予告編より

「食」の問題を扱ったレンタルDVDは2番目に「フード・インク」を紹介します。昨日、よく借りるレンタルビデオショップ・ゲオに行きましたら、すでにこの作品ははずされていました。,ネット上で検索するとFC2動画で誰でも無料で観られることが分かりましたので下に掲載します。ゲオやツタヤのネット注文で借りることもできます。
【映画】危険な食べ物 (フード・インク) こちらをクリック

映画『フード・インク』『ありあまるごちそう』予告編 こちらをクリック

フード・インク 公式サイト こちらをクリック

 監督 ロバート・ケナー ドキュメンタリー  アメリカ映画

 食べ物が私たちの口に入るまでの、これまで目にすることもなかった工業的食産業のベールに包まれ隠されてきた実態を、6年以上の歳月をかけて映像化、それに農家、ジャナリスト、食料関係者の解説を加えて暴きだしていくドキュメンタリー映画。日本がもしTPPに参加すればどのようになるのか、アメリカの現在の様子を知ればはっきりと分かります。

 内容は映画を観て知っていただき、下記に主な事柄だけを取り出してみました。

・ 食産業は一握りの巨大多国籍企業がフードシステムを支配している。アメリカの牛肉は大手が80㌫占拠する。

・ アメリカのタイソン社は世界最大の精肉会社 製造・加工・販売の3つを総合する。養鶏でヒナは48日間で普段の2倍の大きさに成鶏する。骨や内臓は急激な成長に耐えられず、ほとんどの鶏は数歩歩くと倒れるか、足を骨折する。

・ 農家は会社から設備投資で借金をして、企業の奴隷になる

・ 工業食品のほとんどはコーンを原材料にしている。政府の補助金で生産コストより安くコーンが生産できる。原因は多国籍企業。

・ スーパーの90㌫の製品にコーンか大豆成分が含まれている。 ケチャップ・チーズ・乾電池・ピーナッツバター・スナック菓子・ドレッシング・ダイエット甘味料・シロップ・ジュース・オムツ・鎮静剤・ファーストフード・家畜の飼料。

・ 安価なコーン飼料のおかげで食肉の価格を下げることができた。

・ 牧草の生えていない広大な土地で、牛をコーンで育てるのは牧草より安く、すぐに太るから。

・ 牛をコーンで育てることによって、大腸菌が突然変異し O―157の株が登場した。コーンの代わりに5日間牧草を与えれば大腸菌の8割が死滅する。もちろん企業はそうしない。アンモニアでO―157 を死滅させ、ハンバーガーのパテを出荷する。(生産ラインの映像は切り刻まれた食肉を工場内の装置や無数にはりめぐまされた銀色に鈍く輝く無機質のパイブ、ベルトコンベアーが動き眼をみはります)

・ アメリカ人の3人に1人が糖尿病予備軍。

・ 巨大化した数社の多国籍企業に政府が支配される。農家や酪農家は不満を訴えればすぐに取引は中止。前半で登場した養鶏家の女性は「まるで企業の奴隷になるようなものね」と。巨大企業の工業的フードシステムの中で重労働させられるのは主に南米からの移民による労働者。そして一番の被害は底辺で命ではなく食べモノとして扱われる牛・豚・鶏たちの生き地獄の短い一生。

(以前Petaの動画で見た動けなくなった牛がホークリフトのホークの先でころがされ刺されながら賭殺場に移動させられるシーンが出てきました。私はこのシーンを思い出すたびに何度涙が出てきたことでしょう)

・ 最後にようやく農業が登場。遺伝子組み換え技術のモンサント。
大豆の90㌫がモンサントの特許取得の種子であり、保存し翌年蒔けば特許侵害と裁判にかけられる。多くの農民は高額な裁判費用で敗訴和解するしかない。アメリカで農業をするものはモンサントと組むしか方法がない。コンビューターの知的財産をマイクロソフトが握り、食べ物の知的財産権はモンサントが握る。

 この作品では主に食肉産業の実態が描かれています。もし人々が肉を食べることを1日おきにする、2日おきにする、‥そして1週間に1度だけにした時、これでアメリカの巨大多国籍食肉企業は倒産するでしょう。人々の幸せや健康を無視し、さらに食肉となる動物たちへいたわりもない残酷な扱いをして、利益のみを極限にまで追求する非人間的ないきかたでは、人々の支持を得ることはできないでしょう。それゆえ、一気に崩れ去る弱さを隣り合わせにしています。

 私たちは子供の頃から、肉を食べなくては元気に生きられないと教え込まれてきました。これが食肉産業が儲けるために仕組んだCMとも知らずに‥。私たちは肉なしで健康に生きられます。肉は嗜好品、グルメの追及でしかありません。命を味覚だけのために、これだけ多くのエネルギーを使い、命をモノとして扱う生き方に、私たちはそろそろ反省しなくてはいけません。

 是非この映画を観て、命をいただくことがどれほど多くの犠牲の上に成り立っているのか。自分を生かしてくれる命への深い感謝をもう一度見つめ直してください。


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村






東京都千代田区が「猫の殺処分ゼロ」を2010年3月末から継続中

10091020080109.jpg
↑ 野良猫 猫生を生きぬいたチャコちゃん
 管理人が一生忘れることも無いチャコちゃんの記事をこのブログで5話紹介しています。是非お読み下さい。こちらをクリック 

千代田区総合ホームページ
飼い主のいない猫の去勢・不妊手術費の一部助成について、犬の登録と狂犬病予防注射のご案内、猫を飼って下さる方を探しています!
•対  象 千代田区に生息する飼い主のいない猫
•助成額

   o オ ス  17,000円
   o メ ス  20,000円
   o 妊娠中  25,000円 を上限として助成しています

以下転載

週刊SPA! 9月19日(水)17時8分配信
東京都千代田区「猫殺処分ゼロ」継続中のヒミツ

 東京都千代田区が「猫の殺処分ゼロ」を2010年3月末から継続中で、全国から注目を集めている。同区は、皇居や国会議事堂の周辺など、飼い主のいない猫が非常に多かった地域。ほかの自治体では毎年多くの猫が殺処分されているというのに(2010年度は全国で計16万匹)、一体どういうことなのだろうか?

 「これは一朝一夕に達成したことではなく、区が13年前から区内在住・在勤ボランティアや動物病院の協力を得て取り組んできた『動物との共生支援ネットワーク事業』の成果です」と語るのは、区のボランティアや獣医などの協力者を中心とするネットワーク「ちよだニャンとなる会」の香取章子さん。

 「飼い主のいない猫の問題は行政だけで解決できるものではなく、地域の人たちの協力が不可欠です。本当はすべての猫に飼い主ができるといいのですが、子猫でなければなかなか里親は見つからない。この事業は、飼い主のいない猫に不妊・去勢手術を行い、元の場所に戻して『地域猫』としての一代限りの命を見守っていこうというものです」

 猫は生まれて4~5か月ほどで発情期を迎え、子供を産む。放っておけばその子供がまた子供を産み……という形でどんどん増えていく。

 「かつては千代田区でも猫をめぐる苦情が数多く寄せられ、餌やりをめぐってトラブルが起こることも数多くありました。そして爆発的に増えた猫たちは自動車にひかれて路上死していく。そのうちの85%が、生まれて間もない子猫という現実もあります」

 同事業を進めていくうち、猫についての苦情や路上死体の数は激減。2010年3月以降、区内から都の動物愛護相談センターに引き取られる猫は1匹も出ていない。

 現在、千代田区は同事業のボランティアを募集中。区内在住・在勤・在学者であれば誰でも登録可能で、国会議員秘書や丸の内勤務の会社員なども登録しているという。

 ※【問い合わせ】千代田保健所地域保健課(TEL03-5211-8164)

 区民ボランティアによる「地域猫」づくりは、以下のような流れで進められる。

 ・まず、区の普及員(ボランティア)に登録する。

 ・飼い主のいない猫を見つけた場合、まず地域猫であるかどうか(耳に手術済みの印があるかどうか)をチェック。

 ・地域猫でなければ、保健所に連絡して捕獲機を借りる。捕獲機をしかけ、猫が入るのを待つ。

 ・捕獲機にかかった猫を動物病院に届け、そこで不妊・去勢手術を行う(費用は千代田区から助成金が出る)。

 ・手術済みの猫を迎えに行き、元の場所に戻す。

 「『猫の殺処分』というと、飽きて飼育放棄したり生まれた子猫を捨てたりする人たちが原因だと考える人が多いのですが、実はその数は意外と少ない。大きな原因は飼い主のいない猫の増加で、これを止めるには不妊・去勢手術が不可欠です。そうでなければ、いくら里親探しをしてもそれ以上に子猫が増え続けてしまう。せっかく生まれてきた大切な命を路上死や殺処分で失わないためにも、多くの人に『地域猫』づくりへの関心を持っていただきたいと思います」

 【香取章子】

 1954年千代田区生まれ。フリーランスジャーナリスト。著書に『猫のたま吉物語~ぼくは大地震にあった』(双葉社)、『猫への詫び状』(新潮社)、『犬と猫のための災害サバイバル』(学習研究社)、『ペットロス』(新潮社)など。

 【ちよだニャンとなる会】

 飼い主のいない猫のTNR(一時保護、不妊・去勢手術、地域に戻す)活動や子猫の里親探し、動物との共生社会実現に向けての普及・啓蒙活動などを行う。現在、仙台からの「被災猫救援」プロジェクトを実施中(詳しくは同会Facebookページを参照)。

※ 支援金の宛先:三菱東京UFJ銀行神田支店 普通口座0187929 ちよだニャンとなる会


転載終了


 岐阜市では昨年から飼い主のいない野良猫に対してオス4000円、メス6000円の助成金がでます。
「補助金交付申請の受付期間は、毎年、6月1日から12月28日までの開庁日とする。ただし、受付終了日以前に補助金交付申請額の合計が予算額に達したときは、補助金交付申請の受付を終了するものとする。ただし予算がいっぱいになったところで終了。」
 岐阜市市役所
http://www.city.gifu.lg.jp/c/40129080/40129080.html

 岐阜市飼い主不明なねこ不妊手術費補助金交付要綱
http://www.city.gifu.lg.jp/c/Files/1/40129080/attach/yoko_1.doc

 野良猫問題の解決策は避妊去勢手術しかありません。この手術費を誰が出すのかが最大の問題点です。岐阜市民ではない私たちは寄付金と会員の会費そして自費でまかなってきました。野良猫のTNR活動に手を貸してくれる人たちは、潜在的に大勢いることが分かっています。しかし手術費用を自分たちで出さなければならないのでは会員志願者はでてきません。

 千代田区のようにオス17.000円 メス20.000円 妊娠中25.000円もの高額な助成金がでるなら、日本の野良猫問題は急速に改善されていくでしょう。千代田区の猫殺処分ゼロはヒミツではなく、当然の結果であると猫問題に取り組んできた愛護活動家は発言することでしょう。

 愛知県のがれき広域処理に計上された金額は処理場建設に数100億円(300億円であったと思います)、事前に環境調査などに1億6000万円と税金を湯水のように使う計画でした。しかし、愛知県庁と名古屋市役所が建っている名城公園内の野良猫問題には、1円の補助金も出したくないという徹底ぶりです。

 日本全国の1年間の犬猫の殺処分費5億円もかけながら、何の改善もしないにまま、数10年間もあいも変わらず殺すことしか考えの無い行政。見てみぬふりを続け、いつまでも放置するヤル気の無さが、野良猫問題が解決ができない最大の原因です。猫問題は行政の問題と言って言い過ぎではありません。


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

レンタルDVDを借りて 「食」を考える 1

120910-22.jpg

 食欲の秋を前にして、レンタルビデオショップ・ゲオで借りられる「食」の問題を取り扱ったDVDを数回に分けて紹介していきたいと思います。

「いのちの食べ方」劇場用予告映像
http://www.youtube.com/watch?v=EmZk-Lwl2Uk

Unser Täglich Brot いのちの食べかた 「近代的な屠場」(残酷な映像が含まれます)
http://www.youtube.com/watch?v=qDBQmEcJPeU
監督・制作・脚本・撮影 ニコラウス・ゲイハルター(オーストリア)
2005年 ドキュメンタリー ドイツ映画
いのちの食べ方 公式サイト
http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/
 

 音やナレーションを入れず、画像1コマ1コマがたいへん美しく構成されたドキュメンタリー映画。左右対称に加え、1点透視図法により平行線と消失点へと収束する放射線で構成される映像が多用されているのが特徴です。監督のねらいなのかどうか分かりませんが、整然とした画面と無音の効果によって、命を扱う映画でありながら、命を感じさせないという皮肉な結果になっています。これは命の苦しみや悲しみが観客に伝わるのでは感情的なことに訴えてしまうからかもしれません。私たちが命をいただくことに感情論を交えず、冷静にしっかりと見つめることをねらっているためと考えます。

 残酷な画像はカットされており、牛と豚の賭殺映像さえもそれほど不快感を持たず、誰でもが見ることができるという作品に仕上がっています。動物愛護活動をしている人たちにとっては、もの足りなさを感じるのはしかたがないことでしょう。

 以下に映画の補足説明を管理人が知っている範囲で書いてみます。

 豚の賭殺シーン
 賭殺は動物の体内から血を抜くことから始まります。「電殺法」といって90~110Vの電気を通電させ気絶させます。血を抜くために心臓がしっかり動いていなければいけません。殺してから血を抜くのではなく、血を抜いてから失血死させます。放血シーンは出てこず、喉をかき切られ、吊り下げられた映像に飛びますが、まだ完全に死にきれていません。熱湯のシャワーを浴びせ消毒し、完全な死に入ります。

 牛の賭殺シーン
 牛の頭に金属棒を当てた瞬間、牛が倒れますが死んだわけではありません。金属棒は賭殺銃といって、引き金をひくと金属の突起が飛び出し、額に打ち当てて脳しんとうを起こさせ、牛は気絶しているだけです。殺さないのは、血を抜くために心臓が停止してはいけないからです。500㎏ちかい体重を1本の足だけで吊り上げられ、次のシーンで首の動脈を切断すると、血液が怒涛のように、よくこれだけ血液が体内にあるものだと驚くほど流れ出てきます。この時、心臓はしっかりと動いており、血を押し出しています。
 その後の皮を剥ぐ、胴体をタテに真っ二つに切断するベルトソーなど、私たちが始めて眼にする工業機械で食肉までの工程が手際よく進んでいきます。

 鶏の賭殺シーン
 映画の始めの部分で、ヒヨコが選別されている画像は、採卵用の鶏を選びオスを取り除く作業です。取り除かれたオスのヒヨコは生きたままらせん状の回転する機械に飲みこまれ、すりつぶされてしまいます。
 生きた鶏を大きな掃除機のようなもので吸い込んで、箱詰めしているシーンには驚きます。すでに生き物としてではなく、生きモノとして扱われます。鶏では賭殺する方法に何の規制もなく、最も残酷に殺される動物と言われています。Kチキン社では、生きたまま熱湯の中に放り込まれ、血が瞬間に沸騰して真っ赤な鶏肉になるそうです。生きモノから食べモノへと、命は食材へとスムースにすすんでいきます。

 工業化された近代農業の様子は、日本では見ることができないほどにヨーロッパはすすんでいます。農薬の散布シーンには不快を感じますが、血が洪水のように流れ、音はありませんが動物たちの泣きわめく断末魔の叫びはなく、農産物の収穫は安堵して見ていられます。管理人がベジタリアンでいることの精神的な満足と理由がここにあります。

 下記にあげたYouTube動画は眼をそむけたくなるほどの残酷シーンがでてきますが映画「いのちの食べ方」でカツトされているありのままの現実を勇気のある方はご覧下さい。

 Peta
http://www.petatv.com/tvpopup/video.asp?video=agri_long&Player=wm 


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村





毛皮の祭典 東京ガールズコレクションin名古屋 終了

120905-1.jpg

120905-2.jpg
↑ 2009年 ノルウェイの毛皮生産養殖場を撮影
YouTube動画をご覧下さい。
「ノルウェイの森 Norwegian Wood 毛皮の真実 Fur Farming Expose 」
http://www.youtube.com/watch?v=l483rbinoJY
動物たちのあまりにも悲惨な様子に、私は涙が流れてきます。彼らの毛皮が美しいモデルさんの首に巻かれて舞台に登場すると、観客席から歓声が起きるとは!ァァ絶句!

 東京ガールズコレクションin名古屋は2012年9月1日ナゴヤドームで35.000人もの入場者を集めて終了しました。管理人は観に行きもせずにどのような様子なのか知りませんが、毛皮反対活動をしている女性が観に行き、自らのブログで詳細を報告していたのを読んでみました。

 ショーのトップバッターから毛皮が登場。女性解説者が「欲しいですね~」「買いにいこ~」というアナウンスがされたこと。毛皮を着けた美しいモデルさんの写真が多数紹介されていました。

 ヨーロッパでは毛皮は野蛮という時代です。この時代にあって、東京ガールズコレクションがどれほど権威のあるファッションショーなのか管理人は知りませんが、35.000人もの観客を集めるビックイベントの中で、毛皮をアピールし歓声をあげているの姿は、本当に日本はお粗末な国であることを世界中にアピールしているようなものです。

 上記掲載のYouTube動画と東京ガールズコレクションのYouTube動画を並べて同時再生してみれば、出演者の毛皮を着たモデルさんたちが、どのように見えることでしょう。出演者のモデルさんの中にも毛皮反対の方もいるはずで、ずいぶん辛い思いの舞台だったでしょう。

 福島原発事故で放射能で海洋汚染を広げ、世界の非常識ぶりを発揮している日本。その上、毛皮でも動物愛護でも先進諸国から200年も遅れをとっている私たちの国。企業の金儲けの作戦にまんまとのせられてしまい、世界一のお人よし民族といわれては、返す言葉も失います。日本の某女優が毛皮反対の国であるイギリスの正式な会合に毛皮着用で出席し、失笑をかうという出来事がおきています。

 東京ガールズコレクションの企画者は世界中で巻き起こっている毛皮批難の声をしっかり受け止めて、今後毛皮拒否に進まなくては、私たち日本人すべてが、いつまでも野蛮民族と言われ失笑されることでしょう。JAPAN=YABAN なにかよく似ています。


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。