TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自家製総合栄養ドリンクを作ろう!

130524amazake.jpg

130524kouji.jpg

 甘酒といえば、アルコールの苦手な家族の中で育った管理人は、なじみのない飲み物でした。これまでに飲んだ記憶は5回もなかったような気がします。寒い冬に身体をあたためるために飲む飲料という思い込みで、あたたかい甘酒しか飲んだことがありません。あたためると、甘みに少し癖があり、これが風邪などをひいた特別な時だけに飲むものと思い、長続きしません。最大の思い込みはアルコールが入っているものとばかり思っていたのですが、ゼロとは本当に驚き、今日まで知らずにおりました。

 その甘酒に開眼したのは、今年の春先に風邪をひき、偶然に甘酒を購入し、温かくして飲んだらよくなるのではというのがキッカケでした。豆腐も湯葉も納豆も自分で作ったことがある管理人は、甘酒も自分で作ってみたいと思い、ネットで作り方を検索しました。ここで作り方ではなく、甘酒のもつすばらしいパワーを人生で初めて知るキッカケになりました。目からウロコがとれるとはこのことです。

 以下ネット上で書き込みのあった一部を紹介します。

 甘酒の起源は古墳時代に遡り、『日本書紀』に甘酒の起源とされる天甜酒(あまのたむざけ)に関する記述がある。

 甘酒には2種類あり、お米と米麹で作ったもの(アルコールはゼロで、以下の記述はすべてこの甘酒をさします)と、酒の粕に砂糖を加えたもの(アルコールが含まれている。市販の甘酒にはこのタイプがある)

 江戸時代には夏バテで死ぬ人が多く、幕府は甘酒の値段を庶民でも飲めるよう安くしたようです。甘酒の季語は夏です。

 甘酒の主な成分
○ ブドウ糖 甘酒の20%はブドウ糖→すぐエネルギーとして使用できます。太りにくくエネルギーになりやすい。

○ ビタミンが豊富 中でもビタミンB群が豊富(ビタミンB群とはビタミンB1,B2、B6,B12、パントテン酸、イノシトール、ビオチンなどをさし、市販のサプリメントでは得られないほど豊富で、天然型なため、身体への吸収は90㌫にもおよびます。ベジタリアンには必須飲料かもしれません。

○ アミノ酸が豊富 人の体内では合成できない、9種類の必須アミノ酸を網羅し、他のアミノ酸も摂取できる。その中のバリン、ロイシン、イソロシンは総称してBCAAと呼ばれ、筋肉トレーナーやランナーにとって大切な栄養素です。

 ネット上にはその他の甘酒のすばらしさに関する記述が豊富ですので、是非お読み下さい。

 管理人が作った方法は以下のサイトを参考にしました。

炊飯器で作る 簡単な甘酒の作り方。
http://www.otamaya.com/point/point_ama_homemade.html

レシピ
白米・・・1合(約150g)
こうじ(糀・麹)・・・250g (管理人は購入した米麹が200g2本入りでしたので、200gで作りましたが、大変甘いおいしい甘酒ができました)
お湯60℃・・・約800cc

 注意事項は柔らかめに炊いたご飯の荒熱をとって70℃にすることと、炊飯器の保温時には必ずフタを開けたままにし、60℃をキープすることで、温度管理のみです。管理人が持っている電気炊飯器でうまく出来ましたので、フタをあけたまま保温にすると、60℃を維持していることが分かりました。あとは、炊いたご飯の荒熱を70℃にすることと、加えるお湯800ccの温度が60℃であることを確認できればよいのです。70℃以上で菌が死滅、60℃以下では甘くならず、雑菌が繁殖して失敗します。
 管理人が以前、豆腐や湯葉を作っていたときに購入した温度計(画像)が再び活躍し始めました。棒温度計ならば安く買えると思います。
 できた甘酒を80℃に熱して、菌を殺してこれ以上発酵しないようにする方法がありますが、冷蔵庫で冷やして5日までは何も変わらずおいしいままです。発酵菌は死滅させないほうが身体によいようです。

 飲み方は、冷やしたほうがだんぜんおいしいです!
 しっかり冷やして氷を浮かべ、そのままか又は、オロシショウガを少々入れるのが好みです。リンゴジュースでは甘くなりすぎます。甘みのほしい飲み物や食べ物に使うのがベストでしょう。他に、塩を少量混ぜる。豆乳わりにする。冷凍するとシャーベットになって大変おいしいそうです。この夏は甘酒シャーベットで決まりです。

 管理人は現在、お米のもつすばらしいパワーに開眼中です。食事の主食をご飯に切り替え、さらに、ここに、お米と麹で家庭で簡単にできる、天然型総合栄養ドリンクという力強い味方を手に入れました。
 昔の人はお米粒には神様が宿っていると考えていたようです。管理人も子供の頃、おかずは残しても、ご飯1粒、無駄に残してはいけないと育てられました。

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

車に轢かれた動物を役場に持っていった時の涙が出るできごと

 以前にもこのブログで1度だけ書いたことがありますが、管理人は、車に轢かれた猫や犬を発見すると、段ボール箱に詰めて、その地域を管轄する役場に持っていきます。

 5月13日朝に用事で隣町を走行中、中央の路面に血液が散乱し、道路脇にキツネ?(体重6㎏ほどの黒色をしたキツネの頭部をした動物)を発見しました。頭部が破裂しており、道路脇にどなたかがこれ以上轢かれないように脇に寄せてあったのだと思います。

 管理人の車には、いつもこのために、段ボール箱と雪かき(ポリカーボネート製の巾のあるスコップで、遺体収容に大変役立ちます)が常備されていますので、いつものように段ボールに収納しました。入れ具合で、動物の開いたままの眼と私の眼がピッタリ一致しました。頭部は損傷して形の一部がありませんでしたが、眼は恐怖や苦しみではなく、なんともかわいらしい眼をして亡くなっていたのでした。恐らく即死だったのだと思われます。

 その町の役場にもっていくと、まだ朝8時だったので、宿直の職員の方が、近所に斎場があるので、よかったら持っていってもらえませんか?と言われ、喜んで承諾しました。
 教えられた斎場に着くと、すでに連絡がいっており、女性の職員の方が私より少しあとに到着していただけました。私は裏口にある、亡くなったペットを持ち込む場所に案内されました。職員の方がドアを開け、つづいて室内に入ると、遺体を置く壇があり、職員の方は、その背後の少し高くなった段にあるロウソクを燈し、お線香に火をつけ私に手渡してくださいました。私は予想外のできごとに、ただうれしく、動物のために、冥福をお祈りし、職員の方にお礼を言って斎場を後にしました。

 車に戻り、予定地に向かう運転途中、死んだ動物のあまりにもかわいらしい眼が思い出され、そして、今しがた斎場での対応のありがたさに、ようやく、さめざめと涙が流れ始めました。

 1年間に管理人が収容する動物(7割は猫)の数は20数匹ほど。今年に入ってからすでに7匹を超えていると思います。11月頃になると増えるように思います。
 行政の対応の仕方も格段によくなってきており、うれしいかぎりです。夜間持ち込みも大丈夫です。収容する時間がなければ、道路脇に寄せて、その地域を管轄する行政をあらかじめ携帯に登録して置き、場所を指定します。私の住む町では、連絡後、30分から1時間以内で収容され、斎場に持ち込まれています。一般には、この方法をお勧めします。

 私もしてみようと思われる方は、自分が収容中に事故にあわないようくれぐれもご注意ください。遺体への恐怖は私にもありましたが、1度勇気をだしてやってみれば、あまりの簡単さにすぐに慣れてしまいます。今では、かなり損傷のひどい遺体も大丈夫になってしまいました。これ以上、痛いおもいをさせたくないという思いで、これからも精一杯続けていきます。


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

重曹はエコロジー洗剤

130509.jpg

 重曹が洗剤の代わりになることを知ったのは、半年ほど前に、管理人がよく訪問するお気に入りのブログに、アトピーには界面活性剤がゼロの重曹洗剤がよいという内容を読んでからのことで、まだ最近のことです。そういえば、昔の人々は木灰を洗剤として使っていたことを思い出だしました。木灰の成分は、炭酸カリウムという水に溶かすとpH11の強アルカリです。アルカリとは灰を意味するアラビア語だそうです。重曹(化学名は炭酸水素ナトリウム)はpH8.4の弱アルカリで、同じように洗剤として使用できそうなことが分かります。

 アルカリで汚れが落ちる仕組みをネット上で探してみました。参考にさせていただいたのは、「石鹸百科」さんの内容の濃いホームページです。http://www.live-science.com/

 アルカリで汚れが落ちる仕組みは、油汚れでは、油脂の成分である脂肪酸と反応して石鹸を作り出し、つまり油汚れを石鹸に変身させ、自らの油汚れを落としていくという、まるで化学マジックのようです。
 たんぱく質の汚れでは、アルカリはたんぱく質を溶かしだす働きがあり、洗剤として活用できます。

 石鹸の材料をみると、苛性ソーダ(水酸化ナトリウム 強アルカリ)と、使用済みてんぷら油などの廃油を混ぜて、鹸化という化学反応をさせて作ります。上に書いた、重曹と油がコンビで汚れ落としをしていることに仕組みがまったく同じです。

 しかし、石鹸の材料である苛性ソーダは、劇薬で肌に直接つけるとやけどをするほど危険なものです。薬局で買うにも印鑑が必要です。重曹なら、お菓子作りなどの食品添加物としても使われ、口に入れても大丈夫という安心感があります。

 重曹が石鹸にまさっている点は、環境への影響が大変やさしいエコロジー洗剤というところです。

 環境への配慮から、合成洗剤全盛の現代でも、よく使われている石鹸類ですが、有機物であり、「有機物」は、環境中に放出されると、「生分解」という過程を経て無機物にまで分解されます。環境中で生分解を行ってくれるのは、水中や土中に住む微生物。彼らが有機物を分解するためには大量の酸素が必要で、ある物質を分解するためにその微生物が必要とする酸素量のことをBOD(生物化学的酸素要求量)と言います。有機物の量が多すぎて水中の酸素量が間に合わなくなると、その水域の生物は窒息死してしまいます。BOD値が高くなれば生分解ができず、死に絶えたヘドロの水域ができるのです。
 重曹は「無機物」で最初から生分解が終わっているのと同じ状態で、「BODの心配がないからどんどん使おう」などとは考えず、節度を持って使うことが大切です。 

 管理人は、まだ重曹を使い始めて1ヶ月しかたっておらず、要領が分かりません。今は、汚れた食器類に重曹の粉末を適量ふりかけてナイロンスポンジで洗浄しています。洗剤ならば泡立ちの程度で洗浄力を確認できますが、重曹では泡立たず、目視できないのが欠点です。食器1枚1枚に少量をふりかけて使っています。

 洗濯には1晩重曹水につけ置きして、次の朝にすずきと脱水を行います。洗濯機メーカーは重曹は機内部で詰まったり、故障の原因になると禁止するメーカーがあります。不安ならば、タライに重曹水でつけ置きし、翌日、洗濯機ですすぎと脱水のみをする方法をとればよいでしょう。
 
 重曹よりさらに強いアルカリ性をもつ炭酸ソーダ(化学名 炭酸ナトリウム pH11.2)はさらに洗浄力が高いようです。しかし、重曹を65℃のお湯に溶かすと泡立って、炭酸ソーダ液ができあがりますので、重曹1つあれば、お菓子作りから、洗剤に、臭い取り、殺菌など幅広く使用できます。ネット上には重曹の様々な使い方がアップされています。

 上の画像は私が購入した重曹です。一番左側がダイソーで買ったもので、350グラム入って税込み105円。右後ろはドラッグストアで買ったもので、800グラムで440円と2倍ほど値段が高くなりますが、お料理・お菓子作りから洗剤まで幅広く使えると書いてあります。ダイソーのものは、洗剤として使用し、食品にまで使えるとはどこにも書いてありません。
 重曹といっても、工業用から食品用までグレードがあるようで、口に入れるときは書いてある使用説明書をよく読んで確認してください。ベーキングパウダーは重曹の他に、中和させるものが入っていますので、洗剤には使用できません。
 真ん中のボトル入りのものは390グラム入り330円で、ボデーがやわらかく、ふりかけても、押しても適量の重曹が直径9ミリの穴から出てくる仕組みが気に入って購入しました。頭部はスクリューネジになっていて、詰め替えができます。高さ15センチ、直径6.5センチで1~2人用ならちょうど良い大きさです。

 ベジタリアンからビーガンになって、動物への犠牲のない生き方をし、そして洗剤は環境に有機物を放出せず、自身の身体にも安全に使用できる重曹洗剤を使うようになり、気持が少しずつ軽やかになってきました。私の生活が静に楽しくシンプルに進行しています。


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。