TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンダリング 動物のリサイクルシステム

 私がレンダリングの存在を知ったのは最近のことです。2ヶ月前に読んだ「まだ肉を食べているのですか」ハワード・F・ライマンとグレン・マ-ザーの共著 より抜粋します。

 以下転載

「牛が屠畜されると、重量でいえば半分ほどは食用にはならない。たとえば腸とか、その内容物、頭部、ひづめ、そして角だ。同様に骨や血も〞食べられない〞。そこで、これらは「レンダリング・プラント」 (動物性脂肪精製工場)というところに運ばれる。そして巨大グラインダー(撹拝機) に投げ込まれる。ついでに言うと、〝病気で死んだ牛はまるごとほうり込まれる〞。よその牧場で病死したほかの家畜も同じだ。
 
 このレンダリング・ビジネスは、今や年間二四億ドル〔訳註‥現在の換算で約二千九百億円〕強という売上げの巨大産業となっている。それは年に約四〇〇億ポンド〔1814万トン‥1ポンド=454グラム〕もの動物死体を処理しているのだ。

 ひどい病気にかかった動物、癌にかかった動物、腐りかけた動物の死体-‥などなど。アメリカでは、これらほどレンダリング工場の飢えた機械にとって〝美味しい〞ご馳走はない。農場で死んだ家畜以外にも、もう一つ、レンダリング業者にとって美味しい〝主食〞がある。それは安楽死させたペットたちだ。なんと六百万から七百万頭もの犬や猫たちが、毎年、動物「保護施設」で殺されているのだ。

 たとえば'ロサンゼルス市だけでも、毎月、約200トンもの犬や猫の死体の山が、レンダリング工場に送られている。それらには動物管理局に捕獲されたノラ犬、ノラ猫、そして道で轢き殺された死体も混ざっている(クルマに轢かれた死体は、毎日集荷されるわけではない。だから夏場は腐って臭う。担当職員は鼻でその場所を嘆ぎ分けるそうだ)。
 
 この身の毛のよだつ 〝混合物〞は、レンダリング工場でミンチに刻まれ、高温蒸気で〝調理〞される。そして、軽い脂肪分が表面に浮いてくる。それは'化粧品や潤滑油、せっけん、ろうそく、そしてワックス原料などに精製される。より重いたんばく原料等は、乾燥され、茶色の〝肉骨粉〞に加工される。その約四分の一の原料は、なんと糞便なのだ。その〝肉骨粉〞は、家畜の飼料と同様、ほとんどのペットフードの増量材として使われる。これは農家で 「濃縮たんばく」と呼んでいるものだ。
1995年だけで、屠畜場から約500万トンもの 〝残り物〞 が出ている。それらがこう〝処理〞 され、全米の動物たちの飼料として売られていく。」

 転載終了

 衝撃的な現実を初めて知り、レンダリングの記事を書こうと思いつつキーボードを打つ指先が止まっていました。

 アメリカでの犬猫の殺処分が大変多く、焼却すれば大気汚染で公害になるほどであると、以前から知っていました。しかし年間600~700万匹もの犬猫が殺処分されていると具体的な数値を知れば驚きです。(日本は20数万匹)  ペットフードの原料がどのようなもであるか、うすうす感じてはいましたが、はっきり分かってしまえばショックです。

 しかし、レンダリングがなければどうなるのでしょう、焼却や埋め立てするか海にでも捨てに行くしかなく、環境破壊がおき、病原菌が蔓延するでしょう。いわば、肉食を続けるためにはなくてはならない死骸動物を適切に処理する、リサイクルシステムであるといえます。

 日本でのリンダリング工場は2012年度で159ヶ所。廃肉処理量は1年間で約867.000トン!どの工場も採算割れで経営が難しそうです。血液のみの量だけでも、牛、豚の屠畜場で放血される総血液量は年間でおよそ10 万kg! 日本だけでこれだけの処理量がありますので、全世界ではどれだけの総量になるのか?血液の湖がいくつもできそうです。動物たちの苦しみはこの湖よりもさらに深く深く、数値に表せないほどです。

 肉食は肉や乳を利用しなくては生きていけない地域の人々だけのもの。私たちの日本は。ベジタリアンとして生きていかれる最高の土地柄です。日本人が肉食するということは、舌の満足でしかありません。せっかく私たちはお米というすばらしい宝物を授かりながら、お米を捨て、企業と政府とマスコミの吹く大ボラにまんまと踊らされている、お人よし国家です。
 舌を満足させるためだけに、どれだけの犠牲とエネルギーがともなっているのか、日本人は本当に深く反省しなくてはなりません。


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

世界初 牛乳・卵に代わる、豆乳クリーム登場!

130614.jpg
↑You Tube モ~飲ませたくない!牛乳にさよならだ!2013.5.25in神戸 こちらをクリック

 2013年5月25日に神戸でVivianさん主催の「モ~飲ませたくない!牛乳にさよならだ!」デモ行進が行われました。身体に良いとされていた、牛乳が骨粗鬆症やアレルギー、アトピー、などの原因になっていると、ずいぶん前から言われてきました。

 私が2012年3月からビーガンになる前は、子供の頃から乳製品が大好きで、特にチーズやヨーグルトが好物でした。人生の大変長い期間、最近まで乳製品をとっていた私が、急に牛乳は身体に悪いという内容を、このブログに書く資格がありません。
 しかし、牛乳をやめた理由をひとつだけ書くとすれば、乳牛たちの拷問とも言える、過酷な生産現場への、動物愛護の観点からです。パック入り牛乳に描かれている、広い牧場で草を食む乳牛たちの風景とは違い、1畳ほどの広さに押し込められたまま、アメリカからの遺伝子組み換えコーンや大豆、訳のわからないものが混入されている飼料を与えられ、牧草などの高価なものは食べさせてもらえません。胃潰瘍と乳腺炎に苦しみ、生きている牛乳製造機として、モノ扱いされていることへの怒りです。モーやめなければと、やっと乳製品を卒業できました。
 牛乳の恐ろしさは、牛乳反対デモを企画されたVivianさんのブログからお読み下さい。こちらをクリック

 Vivianさんのブログ中で管理人が光り輝くビックニュースを発見しました。それは世界初の豆乳クリームが日本の不二製油で完成した記事です。

 内容は東洋経済と日経トレンドのWeb記事から詳細をお読み下さい。
 日経トレンディー こちらをクリック
 東洋経済ONLINE こちらをクリック

 簡単に書きますと、以下抜粋。

 これまでの豆乳の製造工程では加水した大豆を砕き、「豆乳」と「おから」に分離させていた。しかし新開発のUSS製法(ウルトラ ソイ セパレーション)では、牛乳を生クリームと脱脂乳に分離する遠心分離と似た方法のため、豆乳をさらに「豆乳クリーム」「低脂肪豆乳」「おから」に分離できる。大豆本来の味を引き出す世界初の特許製法。
 従来の豆乳になかった、卵の白身や生クリームのような性質が生まれた。低脂肪豆乳を泡立てるとメレンゲができ、豆乳クリームを泡立てるとホイップクリームができるという、まったく新しい素材となっている。
豆乳特有の豆臭さは全く感じられず、牛乳に負けないい濃さがあり、コクは増している。

 以上抜粋終了

 豆腐やユバや納豆が大好きな人でも、豆乳は苦手という人が多いもので、実は私もその一人です。最近知ったことですが、大豆を食べる国民は、日本と中国など、東アジアの人達のみで、少数派に属します。大豆が持っている「何か」の成分。(おそらく トリプシン阻害物質・レクチン・エストロゲン と思われます)これはきっと大豆が持つ、外敵の進入を赦さない成分で、豆が大変美味しいものなら、虫にすっかり食べられて全滅してしまいます。この成分がUSS遠心分離機で、おからに簡単に移行できるのではと考えます。
 私たち東アジアの人々には適応するものでも、他の多くの民俗にとってはいただけないものなのかもしれません。私たちも豆腐やユバのように豆乳をさらに加工したり、味噌・醤油などのように長期間発酵させるというプロセスを経て利用しています。

 牛乳と卵に置き換えが可能ということですので、どのような食品が発売されていくのでしょうか。
 低脂肪豆乳でメレンゲを作ってスポンジケーキを焼き、それに豆乳クリームのホイップクリームでデコレーションした苺ショートケーキはおいしそうです。もちろんケーキやお菓子すべてに使用できます。アイスクリームやヨーグルト、生ユバ、記事にもでてきた豆乳クリーム入りの豆腐。管理人が大好きだったチーズをこれで作ったら本当においしそうです。これからどのような商品が発売されていくのでしょうか、とても楽しみです。

 記事の東洋経済の記者さんは、大変おいしい!と絶賛しています。このおいしさを文字で書くにはどうしたらよいかとも書いています。発表会に招かれた業界の人達も絶賛しています。いよいよ東アジアだけのものであった大豆が牛乳を駆逐し、世界中の人々に喜んで迎えられる日がやってきたようです。

 大豆が牛乳にかわるグローバル食品となれば、まず第一に、乳牛たちへの残酷な扱いが消滅する。以下、人の健康という狭義なものではなく、現在の食問題やそこから発生する様々な問題が解決されていきます。餓える人々もなくなるはずです。ベジタリアンはさらに増加。大豆は名称のとおり「大きな豆」の実力を発揮していくことでしょう。

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

札幌市動物管理センターが飼い主のいる猫を殺処分

 2013年6月3日、札幌市動物管理センターが警察署から引き取った猫1匹を、飼い主がいるのに誤って殺処分したと発表した。

 以下、6月3日 共同通信社のWeb記事を転載します。

「札幌市は3日、動物管理センターが警察署から引き取った猫1匹を、飼い主がいるのに誤って殺処分したと発表した。センターの獣医師が処分後に首輪がついているのに気が付いた。飼い主には既に謝罪したという。

市によると、市内の警察署から5月31日に引き取った際、用意したケージが小型で外から首輪が確認できなかったほか、警察から首輪が付いていると引き継ぎを受けた職員が獣医師への書類に記載し忘れた。

さらに、獣医師がケージを開けると猫が威嚇したため、攻撃性があり保護は難しいと判断、殺処分した。死骸を確認して青い首輪をつけていることに気付いたという。」

 転載終了

 管理人は早々管理センターに電話で詳しい内容をお尋ねした。(いえいえ抗議の電話でした)。ニュースになかった内容を付け加えます。

 猫ちゃんは5月31日に警察官がセンターに持ち込み、収容されました。4日後の6月3日に殺処分。その後に、飼い主さんが迷子届けを別センターに提出。このセンターの職員さんが問い合わせのあった猫と特徴が同じことに気付き、飼い主が分かったというものです。

 不自然な3点あります。

1.獣医師は猫が威嚇したため、「攻撃性があり、保護は困難」と判断。炭酸ガスで殺処分したということですが、初めに保護した方が、攻撃性のある猫を保護してケージに入れ、警察署に持ってくることは不可能です。

2.動物管理センター内に持ち込まれた猫が、自分が殺される恐怖を正確に感じとっているはずで、普段のようにおとなしくしているはずはありません。獣医師は持ち込まれてくるすべての猫たちに威嚇されているはずです。

3.猫ちゃんは、白色に薄茶色のブチがある子で、ブルーの首輪がしてあることを誰も気が付かなかったということは不自然です。

 いつまでも未だに修正できない誤解の連鎖があります。

 一番初めに保護された方は、首輪の付いている人馴れした猫ちゃんの飼い主さんを見つけてほしいと警察署に持ち込んだはずです。受け取った警察官は書類に首輪ありと記載して、動物管理センターに持ち込めば、飼い主さんを探してくれるものと思い込んでいます。(ほとんどの警察官は動物愛護関係の法律や知識を知りません。さらに猫は即日処分されているなどとは全く知りません) ところが札幌市動物管理センターだけでなく、日本全国の管理センターでは、持ち込まれた猫で、迷子届のない、首輪も付けていない猫は即日処分。首輪のある猫は5日間保護し、飼い主さんが出てこなければ、6日目に処分ということが行われています。この事実を善意で持ち込んだ人達は誰も知らない。いえ、日本国民が誰も知りません。被害にあった猫ちゃんは首輪をしていたにもかかわらず、4日目に処分され、本当にかわいそうでした。

 動物管理センターでは、持ち込まれた犬猫は保護し飼い主さんを見つけてくれる場所ではなく、ほとんど殺処分する場所であることをもっと知らせるべきです。動物愛護センターなどと愛護などの名称など使わず、もっとはっきりと事業内容が誰でも分かるように「殺処分センター」と改名してほしいものです。

 飼い猫が迷子になった時、まず最初にとらなければいけない行動は、行政側での殺処分をくいとめることです。これが大変な盲点になっています。人馴れした猫ちゃんの場合は保健所・警察署に持ち込まれる確立が高く、そのうち戻ってくるだろうでは遅すぎます。すぐに最寄りの保健所と警察に猫の詳しい特徴を伝え、処分されるのをストップさせましょう。
 
 飼い主さんには、動物管理センターの職員さんがお会いして謝罪したということです。善意で行動した人々へも謝罪すべきでしょう。しかし、同じような事件はニュースにもならず、毎日のように起きているできごとであると管理人はみています。


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

9匹の仔猫ちゃん 里親さん大募集

 岐阜市内に<猫屋敷>があり7匹の猫が飼育さており、6匹がメスで、このうち5匹が出産しました。メス猫は当会で仔猫の成長を見て避妊を順次しております。<現在2匹済> 仔猫の保護・里親募集に至りました。

130612ken-3.jpg
↑ケンくん オス 生後一ヶ月

130613ten-2.jpg
里親さん決定テンくん オス 生後一ヶ月

130530seri-3.jpg
里親さん決定セリちゃん メス 生後一ヶ月

130530iku-0.jpg
里親さん決定イクちゃん メス 生後一ヶ月

130610-11.jpg
里親さん決定テルくん オス 生後一ヶ月

130530eru-1.jpg
里親さん決定 エルくん オス 生後一ヶ月


130530mame-1.jpg
里親さん決定 マメちゃん メス 生後一ヶ月


130425-3.jpg
里親さん決定トモくん オス 生後一ヶ月 5月1日に撮影

 すでに問い合わせが入っており、見にお越しになる方が何人かみえます。現在の詳細は当会のメールアドレスか、会員のアドレスでお問い合わせ下さい。当会のホームページには仔猫ちゃんたちの画像を4枚づつ掲載しております。是非ご覧下さい。西濃地域猫の会
 
 西濃地域猫の会 cat@art102.sakura.ne.jp

 会員 kyo-no-nyanco@i.softbank.jp

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村













FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。