TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EU、動物実験を大幅制限 霊長類の使用は原則禁止

 欧州連合(EU)の欧州議会は8日、薬品開発など科学実験での動物の使用を厳しく制限する法案を賛成多数で可決した。EU域内ではチンパンジー、ゴリラ、オランウータンなど大型のサルを実験に用いることは禁止されることになった。
 EU内では毎年約1200万匹の動物が科学実験に使用されており、動物愛護を訴える環境派などが実験の厳しい規制を求めていた。
以上 中日新聞CHUNICHI Web より抜粋


 猫愛護活動をしながらいつも頭の片隅にある動物実験。猫や犬の殺処分年間30万匹など比べようもない、日本では年間、マウスなどの小動物から霊長類まで入れて1000万ともいわれる膨大な数の命たちが、生き地獄のような苦しみにさいなまされて処分されています。管理人は生きた猫を動けないよう金属で固定し、頭に電極を入れられて実験されている猫の苦しみに耐えている顔がいまだに忘れられません。合法的に動物実験をしているのではなく、先進国の中で日本は唯一、動物実験に法規制のない国です。

 先月のスペインの闘牛廃止に続き、EU諸国の動物実験大幅規制のニュース。動物たちの過酷な現状に心を痛めている人たちが世界中にいっぱいいるということが本当にうれしい。先進諸国から200年も遅れている私たち日本の現状。下記のリンクフリーサイトを是非訪れてください。ウサギを救えとAVA-net猫の動物実験はかなりショッキングな画像がいきなり出てきます。ご注意ください。

 ALIVE    AVA-net   ウサギを救え!   AVA-net猫の動物実験
猫ちゃんへ愛をこめてニャンクリックをお願いいたします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。