TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブランド猫と野良猫

100910-20070918.jpg
↑18歳まで生きたペコ♂ 性格がなんとも可愛らしい男の子。私を猫愛護活動に導いた立役猫。
10091020080109.jpg
↑ずばぬけた頭のよさで野良猫猫生を生きぬいたチャコ♂ 口内炎で悩まされる。
100910-20091209.jpg
↑薄幸だったシロ♂ 飼い猫として暮らしたのはわずか1ヶ月。彼の幸せを病魔が襲った。

 管理人が飼った猫は捨てられた猫や迷い込んできた猫ばかりだ。買った猫は1匹もいない。現在は家の中に5匹、これまでに天国に送った猫たちの数は5匹になった。猫にはそれぞれ性格があり、どの子もピカイチとはいかない。このブログに書いた野良猫チャコ。私が初めて拾ってきて18歳で亡くしたペコ。そして最近ガンで死なせてしまったシロちゃん。この子たちの思い出はずっしりと私の中にいすわり、思い出すたびに当時のことがらがよみがえって、心があたたかくなる。人と比べれば本当に短い期間だったが、いい猫たちにめぐり会えたものだ。

 ペットショップには嫌悪感でいっぱいになる。ウィンドーを覗くことさえイヤだ。最近ホームセンターの中にペットショップのコーナーがある店がある。私がこの前を通過するにはどうするか?まず息を止め、首をペットショップと反対側、つまりショップが右側にあれば左側を向いてサッサと足早に通り過ぎる。
 
 私は時々、大きなペット用品店で買い物をする。店のコーナーにペットの美容室がある。ほとんどワンちゃんが多いが、何ともいえない悲しさと腹立たしさを感じるのだ。日本ではゴミのように捨てられ処分される犬猫30万匹。かたや数千円もするペットの美容室で手入れをしてもらっている犬猫たち。このペットもいつかゴミになるかもしれない。

 犬や猫は己が楽しむためのおもちゃではない。ペットショップのブランド猫であろうと、捨てられた猫、野良として生きる猫であろうと、愛してあげること。これが分からない人たちには犬や猫を飼ってもらいたくはない。いや飼う資格がない。ブランド猫を求める人たちに何か不安なものを感じるのは私だけではないだろう。

猫ちゃんへ愛をこめてニャンクリックをお願いいたします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。