TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保健所での犬猫引取りが有料化 岐阜県

 2010年10月1日より岐阜県は全国に遅れて、保健所での犬猫引取りが有料化される。生後90日未満が400円、90日以上は2000円だ。安易な飼育放棄を減らすのが主な狙いというが、これで飼育放棄の抑止になるとは私にはとうてい思えない。処分にわずか2000円と400円という料金で請け負うことがどういうことか。犬猫の命が有料の粗大ゴミと同等にまで落ちたと私には思えてしまう。日本全国で1年間に成犬成猫10万匹、仔犬仔猫20万匹持ち込まれたとして、2億8千万円の徴収。財政難に少しでも収入になればというのが本音ではないだろうか。
 岐阜県は全国的にみて保健所への持込頭数は少ない県だ。しかしこれは保健所に持ち込むより野や山や川に捨てに行く人たちが圧倒的に多いというだけのことだ。有料化はそれにさらに拍車をかける結果となると私はみている。都市部と違い、誰にも知られずに捨てに行く場所は近くにいくらでもあるのだ。

 殺処分の惨たらしさはユーチューブ動画で見ることができる。窒息死という死刑囚と同じ壮絶な苦しみを与えられて、罪などまるでない犬猫が処分される。犬猫の刑場といってよい。先進国では麻酔薬の注射によって苦しみの無い安楽死が行われているが、窒息死で大量処分する国は日本だけだ。昨年下関市井田の動物愛護管理センターに世界で初めて吸入麻酔剤による「安楽死」処分が始まった。センターの様子をネット上で写真入り解説してあるブログを見た。窒息死という苦しみはなくなったが、センター内での多くの犬猫たちの抑留期間、ステンレスの不気味な箱に入れられた20分間の犬猫たちの精神状態を考えると、肉体への拷問はなくなったが精神への拷問は以前とまったく変わらず、安楽死とはとても思えないのだ。

 飼えなくなった犬猫は飼い主が病院に連れて行き、胸にしっかりと抱いてあげて麻酔剤の注射で安楽死させ、遺体は手厚く葬るというのが人として本当の行いだろう。本当の行いが誰にもできない、誰もしない私たちの日本。2兆円産業と言われ活況を呈しているペット産業の異常さ。この日本がドイツのような動物愛護先進国になるには、あと何百年かかることだろうか。

猫ちゃんへ愛をこめてニャンクリックをお願いいたします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。