TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊問題で報道されない隠された事実

 熊問題を知ることになってから、この日本は国民に真実を隠蔽し虚偽の報道ばかりが横行する、国家であることに気が付く。

 このブログで何度も書いた熊の肝が高額で売れること。熊の胆汁は破格に化学合成ができること。もう1つ。捕獲した熊を遺伝子の違う熊たちが住む山に放すことができないこと。岐阜県内の西濃地方に住む熊はすぐ隣の飛騨地方の山さえも逃がすことができないのだ。いったん捕獲された熊は山を所有する人たちの許可は得られず、殺すこと以外にないということだ。これが捕獲された熊のほとんどが射殺される理由だ。熊の命よりも遺伝子のほうが大切とは!行政職員、新聞、テレビでは真実に一切触れようともせず、報道規制が徹底していることに驚く。
 
 熊が町の中に出てきて射殺されたニュースを報道して国民を怖がらせ、熊は危険、射殺しろと、まるで多くの国民の意思であるかのようにコントロールされる。この10年間で熊で死亡された方は年平均1.3人だ。10年以上前ならば死亡者はさらに少ない。動物での死亡のトツプはスズメバチで、年間20~40人ほどの方々が亡くなるが、スズメバチ駆除を行政がする話は聞いたことがない。スズメバチキラーは巣とハチの子を取るための商売である。

 世界中から批難をあびる日本の捕鯨。国民の税金で年間1000頭もの絶滅動物指定の鯨を調査とウソを言って殺戮。報道規制と虚偽の発表で世界中から批難を浴びる恥ずべき私たちの日本。
 日本は動物を守る法律も機関も一切ない、動物殺戮フリー国家だ。しかし国レベルで行われる虚偽は、インターネットというすばらしい媒体で次々にあばかれていく。意見をどしどしネットに書き込んでほしい。真実という大きな力は、世の中を正しい方向に進めていくことは間違いない。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

コメント

森の熊たち

国が旗を振ってやるべきことを早くしないと、手遅れになりそうな感じがします。トキや、狐みたいに。熊も狸もキジも棲みかがあり、餌を取って、子を産み、生きているのに、その生き物の生きる権利がすごいスピードで剥奪されている気がします。行政には頼れないし、どうなってしまうのかと思います。

  • 2010/12/26(日) 20:11:00 |
  • URL |
  • ふくちゃん #-
  • [ 編集 ]

 熊の射殺はこの1年間で5000頭を超えたことでしょう。環境省発表の熊射殺頭数は行政に届けられた熊の数で、実際にはもっと多いのてす。本州に生息するツキノワグマの60㌫以上を殺害したことになります。人命を守るための駆除なら明らかに行き過ぎです。冬眠から覚めたばかりの熊の肝は特に高額で売買できるようで、春先が熊の受難の季節です。熊の肝の売買禁止法を作ることが必要です。これでいっきに熊問題は収束していくことでしょう。

  • 2010/12/27(月) 09:27:41 |
  • URL |
  • 西濃地域猫の会 管理人 #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。