TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛知県での定時定点回収 猫殺処分数ワースト1

 テレビや朝日新聞社発行のAERA2009/4/14日発売の「隔週木曜日は捨て犬の日」で日本中を戦慄に陥れた「定時定点回収」。自治体の犬猫の引取り方法のひとつとして、ペット回収車が定期的に地域を巡回、飼い主が犬猫を持っていくとその場で引き取ります。回収車が引き取った犬猫を、動物管理センターや動物愛護センターまで運び、その後殺処分します。全国に回収地点が数100箇所以上あるといわれ管理人は1年前に某県の方の動物愛護ブログで初めて知りました。さっそくウエブで検索しユーチューブ動画を偶然目の当たりにし、そのショッキングな動画の初めだけ見ることしかできませんでした。この日本でこのような蛮行が行われている。それも動物愛護の見本をしめさなければならない行政の手で。これでは犬猫をおもちゃのように取扱い、遊び飽きたらさっさと回収場所へと持ち込む人間も増えていくことでしょう。
 
 愛知県は回収地点が54箇所もあると言われ名古屋市生まれの私にとっては本当にこのようなことが行われているのか確かめずにはいられない。すべて電話連絡でお尋ねしました。
 定時定点回収を行っているとされる愛知県動物管理センターに電話で問い合わせたところ、応対にでられた女性係員の方から「定期的に車で巡回して犬猫を引き取ることはしていない」と否認され、定時定点回収という単語そのものが1度も出てこず、早々出鼻をくじかれてしまいました。続いて名古屋市動物愛護センター(平和公園内)でも否認、さらに千種保健所の女性職員は定時定点回収という語句そのものを知らないと言われ、いったいどこに連絡を入れてよいものかと分からなくなりました。もう一度ウエブ上で検索をし直し、人気ブログ山崎さんの「ジュルのしっぽ」でようやく問合せ先が分かりました。愛知県健康福祉部健康担当局生活衛生課 http://www.pref.aichi.jp/eisei/ がその場所でした。
 私はここに電話で尋ねてみました。開口一番「AERAで書かれたように定期的に車で巡回して犬猫を引き取ることは愛知県ではしておりません」と言われようやく焦点があいドキリとしました。「ただ県民から要請があれば、その町の役場や保健所の場所を借りて、何日の何時に回収にいきますので、その時間までにダンボール箱に詰めて持ってくるようにと案内をしています。これが愛知県での定時定点回収といえるようなものなのでしょう」という答えでした。会のホームページ上に愛知県内で定時定点回収の情報を持っている方を呼びかけましたが1件のメールも寄せられませんでした。愛知県内の市町村すべてに問い合わせてみなければ本当のことは分からないのかもしれません。
 
 愛知県では定期的に車で巡回することはなく、県民の要請があればその場所に引き取りに行く仕組みになっているようです。一見、隔週ごとに回収する自治体よりも良いように思えますが、要請があれば何度でも回収に行くということなので、茨城県某地方自治体がおこなっている隔週木曜日の回収日よりもずっと増えるのかもしれない。命をいつでも回収に伺いますという愛知県のやり方はあまりにも行き過ぎであり、改善を強く求めます。市民団体「地球生物会議(ALIVE)」の2007年度の最新集計によれば、犬の殺処分最多は茨城県、猫は愛知県でした。愛知県は猫殺処分数ワースト1のひどさであり、要請があればいつでも回収しますという結果なのではと勘ぐってしまいます。飼い主責任である避妊去勢手術の徹底を呼びかけ、望まぬ命が生まれないよう早急に努力し汚名を返上ていただきたい。

猫ちゃんへ愛をこめてニャンクリックをお願いいたします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。