TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫にまつわる不思議な話 1

090715.jpg

090716.jpg


 猫好きな人たちとお話をすることが多くなり、猫の不思議な話が聞こえてきます。初めに当会でお世話になっている方の奥様(Aさんとします)が体験した猫にまつわる不思議な話をご紹介します。
 
 Aさんはかわいそうな野良猫を見つけては家猫にしたり、病気を治したりしてあげるという猫思いのやさしい50代初めの女性です。Aさんは今から3年前に病に倒れ入院しました。病状は悪化の一途をたどり、身体中に浮腫ができ、医師もまわりの家族ももうだめと諦めていたほどでした。ところが病状は少しずつ好転し退院をすることができるようになりました。しかし現在も時々通院をしなければなりません。
 
 Aさんが快方にむかいお話ができるようになってから気になっていたことを家族や医師、看護婦さんに尋ねました。私の寝ている向かい側の壁の上方に付いている窓にいつも黒猫ちゃんがいたのだけれど誰か猫ちゃんか又は黒猫の写真を貼っておいてくれたの? 私が寝ている時によく猫の鳴き声が聞こえたけれど、私が猫好きだと知っていて口真似してないてくれていたの?と尋ねてみました。ところが黒猫の写真を置いたこともなければ、口真似して猫の鳴き声をした人は1人もいませんでした。Aさんには10年前に黒の子猫を拾い名前をクロちゃんと呼んで家族皆で大変かわいがって育てた仔がいました。しかし5歳になった時、Aさんが外出しようと車で出かけた時、車の後を追いかけて普段出て行かない通りまで来たクロちゃんは走ってきた車に轢かれて死んでしまいます。Aさんは病室の窓にいつも居てくれた黒猫はあのクロちゃんでしたとはっきりと断言します。口がコウモリのように尖がっている特長のある仔だったそうです。きっとあの仔が私の命を助けに来てくれたに違いないとAさんは思うようになりました。不思議なことに猫のなき声はクロちゃんではなく、「元気になって!!」と言わんばかりに甲高くニャンニャンとなく別の猫だったと言います。
bh31.jpg

 Aさんを慕う猫ちゃん達の霊が病室にやってきて見守ってくれるという、不思議なアニマルセラピーを体験されたAさん。現在は片目の見えない仔と黒猫、三毛猫に囲まれて猫三昧の生活を楽しんでいます。いつまでもお元気であられますようお祈りいたします。

猫ちゃんへ愛をこめてニャンクリックをお願いいたします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。