TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太地のイルカ猟に世界中が抗議 署名170万名!

110913taiji1.jpg

110913taiji4.jpg

110913taiji.jpg

110913taiji7.jpg

110913taiji10.jpg

 ↑太地のイルカ猟が9月1日から解禁になった当日、アメリカで抗議デモが行われた。
facebookより抜粋 http://www.facebook.com/media/set/?set=a.242725019098005.50792.130698636967311
 ザ・コーヴに出演したオバリー氏が世界152カ国から集めた署名は170万にものぼり、昨年2010年9月2日、日本の米大使館をとおして日本政府に提出された。

 管理人はイルカ肉が人の食用の為に猟が行われているようにはどうしても思えない。水産庁・和歌山県庁・そして太地役場に電話をして尋ねた。皆「人が食べています」とおしなべて答える。しかし、どれだけの量が人の食用にまわっているのか答えようとはしない。

 クジラ肉は最近まで5000トンも冷凍庫に眠ったまま需要がなかった。水産庁は全国5000校の小学校に3分の1の価格で卸し、これでようやく在庫が減りつつある。小学校の児童に強制的に食べさせて、在庫整理に懸命だ。クジラ肉でも消費者は買おうとしないのだ。ネット上でイルカ肉がおいしいという書き込みがほとんどなく、これでは国民の1㌫にもみたない人々の需要しかないのではないか。

 日本のイルカ猟は漁業の邪魔者として殺すためだけに行われるにちがいない。漁獲高の減少はイルカのせいではなく、人間が乱獲しているためだ。太地町は世界中の水族館用に生体輸出で高利益をあげる産業にまで成長したが、動物を人間の娯楽のために見世物にする水族館や動物園への批判は増すばかりだ。何から何まで世の中の流れに逆行し続け、世界中から批難をあびる太地のいさな組合の将来は、このままではないといって間違いないだろう。管理人

☆イルカ漁等に対する和歌山県の見解 こちらをクリック 

 イルカ肉をほんの一部の人々が食べるだけで、日本の食文化だと言われるのなら、見たことも、食べたこともない大多数の日本人にとって迷惑です。食べもしない、人に危害を加えもしないイルカを2万頭も大量虐殺する、恥ずべき民族と見られてしまいます。日本の恥です!
 人が食べるだけのイルカを獲ってください。1000頭も獲ればあり余るはずです。それならば世界中の人達はなにも抗議することはないでしょう。水銀に加え放射能汚染に関して、十分な検査をしてください。管理人


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

コメント

イルカ

この21世紀に、あんな野蛮な殺し方あるんでしょうか。。
それも日本で。
一部のイルカを水族館へ売り、巨額の富を得たいがために、他のイルカを片っ端から
矢じりで殺す漁師達。

文部科学省もいつまでこういう蛮行を許しているのか、動物の福祉について考える人はいないのでしょうか。
精神的な苦痛を感じさせる、野蛮極まりない残忍な行為。

  • 2011/09/14(水) 22:05:53 |
  • URL |
  • ふくちゃん #-
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2011/09/21(水) 21:01:19 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。