TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三重県 伊賀市議会 がれき広域処理賛成21人 反対4人

 伊賀青年会議所(伊賀JC)は5月上旬、伊賀市議会議員二十八人にがれき広域処理についてアンケートを送付し、無記名で実施。結果を6月21日に発表しました。

以下 伊勢新聞より転載

【伊賀】伊賀青年会議所(伊賀JC)は二十一日、震災がれきの広域処理に関する伊賀市議会議員へのアンケート結果を発表した。震災がれきの広域処理に対し、二十一人が「賛同できる」とし、四人が「賛同できない」、三人が「どちらとも言えない」と答えた。

 一方、震災がれきを伊賀市内に受け入れるかとの問いに対し、「受け入れてもよい」と答えたのは十六人で、広域処理に賛同できるとした議員より五人減少。八人が「検討中」とした。「受け入れたくない」と答えた四人の議員は理由として、「政府を信頼できず、住民の生命や健康に対して責任を持つことができない」「安全性が確認できない」「放射線があれば問題になる」などと答えた。

 議員からはこのほか、「一日も早くがれきを受け入れ、復興の手助けをすべき」と、受け入れに賛成する意見や「行政に相当な情報公開が必要」などと、説明の機会が必要とする意見のほか、「政府の原発事故や放射能汚染への姿勢を信頼できない」として反対の意見も寄せられた。

 アンケートは、同JCが今後の復興への取り組みに役立てることを目的に、無記名で実施。先月上旬、同市議会議員二十八人に送付し、十三日までに全員の回答を得た。同JCは市民へのアンケートも実施中で、八月中には結果発表の予定。

転載終了

 伊賀市議の21人は、がれき受け入れに賛成している。「一日も早くがれきを受け入れ、復興の手助けをすべき」「現地だけの処理ではまだ10年もかかる」と三重県某市の市会議員の発言もあります。すでに可燃性がれきは広域処理が必要としないほど減っていることが報道されているはずです。

 それならば賛成する市議に質問してみたい。「もし人体や環境への影響、幸いにもそれが無くとも風評被害が出たとき、あなたは責任をとりますか?」と。皆口をそろえて「いや、全責任は鈴木英敬知事がとると言っていますから」と返事をすることでしょう。では、鈴木知事に同じ質問をすれば「責任は国で持つと言っていますから」と‥

 つまり責任は己ではなく上の者がすべてとってくれるだろうという安易さが賛成派の魂胆なのではないだろうか。上を向いて歩こう♪ 下にいる庶民など見て見ぬふりをして‥ 上の眼だけをうかがい、責任はすべて上に転嫁して。

 管理人は原発事故以来行政と多数電話でお話をしました。県庁、環境省へと上にいけばいくほどこの様子が顕著になってきます。まるでロボットとお話をしている様です。反対に市役所、町役場へと下りてくるほど問題意識は庶民の側に近づいていきます。多くの議員や行政マンが下を見ず、上ばかりを見なければいけないこのような日本の仕組みこそ、原発問題最大の原因ではないでしょうか。
 
 日本の存亡がかかっている重大な時、ロボットになったふりをしていないで、今すぐにでも、はっきりと眼をさましていただきたい。上で「すべの責任は私が持つ」と言う野田首相の凋落が近くまで迫っていることに、日本国民はすでに気が付いているのですから。

文責 管理人



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。