TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖の遺伝子組み換え作物

 モンサントの遺伝子組み換え技術の本当の目的が何であるかがはっきりと姿を現してきました。管理人の稚拙な説明より下記のYouTube動画を是非ご覧下さい。
 1時間32分もの長編ドキュメンタリーですが、56分20秒からの、遺伝子組み換え大豆から最後までを見ていただいても結構です。

アグリビジネスの巨人 モンサントの世界戦略 YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=PKgc3BkUVIQ

120816-1.jpg
↑ジャーナリスト マリー・モニク・ロバン (フランス)

120816-2.jpg
↑ナブダーニャ代表 ヴァンダナ・シヴァ博士 (インド)

120816-3.jpg
↑パラグアイで散布されるラウンドアップ除草剤

 上記のYouTube動画で登場したインドのヴァンダナ・シヴェ博士は「‥ 種子を知的財産として所有できる規範を確立してしまえば、特許使用料を徴収できます。私たちが栽培するすべての作物や種子をモンサントに依存することになるのです。種子を支配すれば食料を支配できます。この戦略は爆弾よりも銃砲よりも強力です。世界を支配するのにこれ以上の方法はありません。」
 キッシンジャー「石油を支配すれば、すべての大陸を支配できる。食物を支配すれば、人々を支配できる……」

 遺伝子組み換え作物が私たちの日本を汚染し始めています。日本人の主食であるお米も日本モンサントと愛知県農業総合試験場が開発し、すでに「祭り晴」として市販されています。
 TPPを日本に迫って農産物の市場を開放をしたものなら、すっかり遺伝子組み換え作物が取って代わり、モンサントの支配を受けるようになるでしょう。これに協力し推進しようとするのが野田総理(未だに態度をはっきりさせません。消費税案を強行したばかりですから、暫くおとなしくしているつもりかとも‥)と住友化学・三菱です。三菱は原発製造、がれき広域処理、そしてこの遺伝子組み換えでも登場するという恐ろしさです。

 管理人は広域がれき処理の真の目的は今後多量に発生する放射性がれきのリサイクルにあると書きましたが、日本全土を放射能汚染させ、1次産業を破壊してTPPを締結することにあるという意見がネット上にありました。

 原発再稼動、がれき広域処理、消費税増税、そしてTPPと遺伝子組み換え作物の受け入れと、日本の政府はもはや私たち国民の政府ではなく、ワル一味の日本支部としてすっかり乗っ取られているのではないでしょうか。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。