TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高山のクマ射殺事件の真相

121106-1.jpg
↑You Tube動画 クマの遺体の画像がでてきます。閲覧はご注意ください。
 岐阜・高山市の林道で男性がクマに襲われ大けが クマは射殺(12/11/04) こちらをクリック

 「岐阜県高山市の林道で男性がクマに襲われ大けが クマは射殺」という見出しで、まるで林道を歩いていた男性にクマが不意に襲ったように各紙は報道していますが、真相がどのようなものであったか、詳しい内容が岐阜新聞に掲載されていました。

岐阜新聞Web こちらをクリック
(リンク切れの時は失礼いたします)


概要を書きます。
 2012年11月4日午前9時50分ごろ、高山市高根町中之宿の林道沿いで、市の有害鳥獣捕獲隊メンバーのAさんがイノシシ捕獲用「くくりワナ」にかかったクマを発見、クマは暴れており危険なため、高山市が緊急に処分の許可を出した。Aさんは猟銃で1発発射したが急所を外れ、ワナにかかったままの興奮したクマに、顔や両手、右足など数カ所を引っかかれた。Aさんは乗ってきた軽トラックに戻って携帯で隊員Bさんに連絡。かけつけたBさんはクマを射殺した。現場は民家がある集落から2キロ離れた林道であった。Aさんの命に別状はない。


 管理人は高山市役所の射殺命令をだした男性の職員の方と電話でお話をしました。くくりワナは狩猟目的であれば狩猟期間中でしか使用できませんが、現在岐阜県では有害鳥獣駆除として通年捕獲殺傷ができるということです。クマは金属性のワナでしっかり拘束されており、人里はなれている状況で何故射殺命令を出したのか尋ねました。職員は「暴れるクマが危険であると判断し射殺命令を出した。」麻酔銃を使うことは考えなかったのかの問いに、「高山市には麻酔銃の配備がされていない」と2度くり返し説明していました。遺体をどうしたかの問いに「頭部と生殖器を岐阜大学に送り、後は土の中に埋葬した。」ということです。

 ワナにかかったクマはおとなしくしているはずはなく、急所をはずれ1発の銃弾が打ち込まれており、必死に逃げようと暴れるのは当然のことです。麻酔銃は1機もなく、高山ではワナにかかったクマはすべて危険と判断して射殺するしか他に方法がありません。

 麻酔銃の現状を知りたいと、続いて岐阜県庁に電話で尋ねました。麻酔銃は岐阜県に配備されているが、銃そのものより、それを取り扱う人の配備が難しいと説明されました。何でも操作することは難しい技術を習得しなければならないことで、特に命を扱うことなら当然のことでしょう。私にはやる気のなさとしか思えません。このようなことでは岐阜県ではクマの誤捕獲によって、すべてのクマが射殺処分ということになります。

 高山市へ麻酔銃の配備を依頼して欲しいという私の提案は拒否されました。岐阜県が高山市に麻酔銃の配備を命令することはできず、高山市の自主的な判断しかありません。このままでは、クマの誤捕獲イコール射殺しか選択肢がありません。

 クマ王国とも言える飛騨地方には麻酔銃が1機も装備されていないことが分かりました。配置するよう、皆様の意見を直接、高山市にお伝え下さい。残酷なくくりワナの使用禁止も付け加えてください。管理人の拙い経験ですが、個人の電話による直接関係する機関や当事者へ、自分の思っている偽りの無い素直な意見が行政を動かしていきます。前出の高山市役所職員との電話で、私は怒っていましたので口論となり、会話の途中で職員はいきなり電話を切りました。動物への思いやりのない日本の行政へ動物愛護を訴えることは、平穏に会話することは難しいのです。

 今回の事件は男性が大怪我をしたことからニュースとなりました。しかし怪我などおきなければ私たちが知ることもありません。ニュースにならない闇で行われているクマ射殺は圧倒的に多いのです。日本では1万頭しかクマが生息していませんが、1年間に3000~5000頭ものクマが殺されています。目的はクマの肝が高額で売買できるからです。クマは危険だからというのはカムフラージュです。

 是非動物たちの叫び声を人の言葉に変えて訴えてください。岐阜県は現在、有害鳥獣駆除を大幅な規制緩和をして推進しています。動物受難国家の日本を動物愛護国家へと少しずつ変えていきましょう。

高山市役所 〒506-8555 高山市花岡町2丁目18番地
電話 0577-32-3333

参考になる下記のリンクもお読み下さい。

くくりワナの恐ろしさをALIVEのホームページで知ってください!
野放しのくくりワナと密漁の根絶を ALIVE こちらをクリック

くくりワナの画像
環境省 くくりわな ととらばさみ こちらをクリック

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。