TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自家製の豆腐、ゆば、納豆

121127-2.jpg
↑↓ 滋賀県近江八幡市郊外で見かけた大豆畑
121127-1.jpg
 

 私は30歳代中ごろから菜食に切り替えたと書きました。当時、ただ切り替えただけでなく、豆腐、納豆、ゆば、豆乳までも自分で大豆を買ってきて作っていた時があります。豆腐はもちろんニガリを使用しました。豆乳を作るために1万円程した寸胴鍋を購入。でてくるオカラの処理に困りました。オカラクッキー、オカラハンバーグとためしてみましたが、少しだけ食べるのならおいしいのですが、私の胃はオカラを要求せず、捨てるしか他にありません。
 オカラを省き植物たんぱくだけを抽出しておいしくスムースに身体に取り入れる工夫をしたものが、豆腐、ゆば、豆乳といった食品であることが分かります。
 寸胴鍋は半年ほど活躍したと思います。今は無用の長物と化し、部屋の隅に安置、今から考えるとよくやったものだとあきれます。

 自家製の豆腐や湯葉作りを楽しんでいた頃、ラジオで京都に湯葉を店内で作って販売しているお店を紹介した番組がありました。店舗そのものが昔ながらの湯葉作りの工房になっており、見学することもできるという内容でした。私は1度見てみたいと、このお店を見に行くためだけにわざわざ京都へ出かけて行ったことを思い出しました。

 お店の屋号は「湯葉半」さん。なんだか「おばはん」とよく似ていて、忘れようにも忘れられない名称です。昨夜、ホームページで検索、すてきな湯葉作りの工房が掲載されていましたが、私が訪問した時はむかし、昔の、その又昔というような風情で、湯気がたちこめている静かな工房の中で、中年の1人の男性が湯葉をすくい取ってはサオに丁寧にかける様子が思い出されます。見学は今でもできると書いてありますので興味のある方はどうぞお足をのばしてください。

 植物たんぱく食品の製造風景はなんと平和なことでしょう。動物食品製造会社と比較すると天国と地獄もの差があります。動物たちの泣き叫ぶ悲鳴も苦しみ悲しみもありません。大豆だって実際は悲鳴を上げているのですが、命は他の命をいただいてしか生きていくことができません。しかし私たち人間には感謝という、いただく側の命を思いやる能力が備わっています。少しでも痛みや悲しみのないこと。犠牲のない生き方をしようとする、尊い精神が備わっているのです。

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。