TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10回京都ベジフェス ベジパレードの報告がアップされています

2012年11月24日 京都ベジタリアンパレード
2012年11月25日 第10回京都ベジタリアンフェスティバル

 さっちーさんが詳細を多数の画像で紹介しています。
 こちらをクリック1 こちらをクリック2

 ベジ漫画Natsumiのビーガン日和 のナツミさんが多数の画像と文章で報告しています。
 こちらをクリック

 豆すいしんナンジャーさんのダンス こちらをクリック
 他にもYou Tubeで紹介されましたら追加します。

 私は参加できませんでしたが天候を気にしていました。秋晴れの大変良い天候であったようです。京都は古くからベジタリアンに関係が深く、寺院料理、精進料理が発展した土地柄ですので、このようなフェアは最適な立地です。

 管理人がベジタリアンの知識の中で、2年ほど前まで全く知らなかった事柄があります。「五葷」(ごくんと読みます)というものです。ネギ・にんにく・にら・らっきょう・あさつきのことで、野菜にも摂ってはならないものがあることを知りました。
 簡単に書きますと互いに生かしあう流れ(相生)を五葷は逆行させて剋する(相剋)流れにしてしまうというものです。水は木を育て、木は火を生じる火は土を生じる相生の流れを、水が火を消し、火が木を焼いて土にしてしまう、殺しあう流れです。詳細は「菜食のすすめ」さんをご覧ください。こちらをクリック

 五葷の性格を読むと、これは私たちの身体内だけで起きていることではなく、今生きるこの世界と同じであることに気が付きます。どちらが先か分かりませんが、共によりよく伸びていくのではなく相手を叩き落すことが当然という流れは、食の世界も同じように相剋を作り出す食べ物が好まれるという関係ができあがていくように想われます。学習塾のキャッチフレーズでさえ「仲間に差をつけろ!」と相剋の流れを私たちは子供の頃から教育現場で教え込まれるという具合です。

 肉は五葷と相性が良いというのがこれでよく理解できます。これを打ち消すために肉料理に添えられるものがサラダや野菜です。肉食をする人は食べた肉の量以上の野菜をとらなければなりません。これは人がもともと菜食である証ではないでしょうか。悪いものを身体に入れたならその後は野菜で中和するというのでは体内の臓器は大忙しでしょう。肉食動物たちには人とは違った使命が与えられこの世に存在しているように思います。

 お金と権力を独占するのに都合の良いのは逆流する相剋の世の中です。肉を食べなければ健康に生きていかれないという情報をメディアが学者が大合唱しています。このような偽りに騙されず、相生する犠牲のない流れに変えていきましょう。食を見直せば世の中の流れが変わる。世の中の幸せに食が深く関係していることは間違いないことでしょう。

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。