TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌市動物管理センターが飼い主のいる猫を殺処分

 2013年6月3日、札幌市動物管理センターが警察署から引き取った猫1匹を、飼い主がいるのに誤って殺処分したと発表した。

 以下、6月3日 共同通信社のWeb記事を転載します。

「札幌市は3日、動物管理センターが警察署から引き取った猫1匹を、飼い主がいるのに誤って殺処分したと発表した。センターの獣医師が処分後に首輪がついているのに気が付いた。飼い主には既に謝罪したという。

市によると、市内の警察署から5月31日に引き取った際、用意したケージが小型で外から首輪が確認できなかったほか、警察から首輪が付いていると引き継ぎを受けた職員が獣医師への書類に記載し忘れた。

さらに、獣医師がケージを開けると猫が威嚇したため、攻撃性があり保護は難しいと判断、殺処分した。死骸を確認して青い首輪をつけていることに気付いたという。」

 転載終了

 管理人は早々管理センターに電話で詳しい内容をお尋ねした。(いえいえ抗議の電話でした)。ニュースになかった内容を付け加えます。

 猫ちゃんは5月31日に警察官がセンターに持ち込み、収容されました。4日後の6月3日に殺処分。その後に、飼い主さんが迷子届けを別センターに提出。このセンターの職員さんが問い合わせのあった猫と特徴が同じことに気付き、飼い主が分かったというものです。

 不自然な3点あります。

1.獣医師は猫が威嚇したため、「攻撃性があり、保護は困難」と判断。炭酸ガスで殺処分したということですが、初めに保護した方が、攻撃性のある猫を保護してケージに入れ、警察署に持ってくることは不可能です。

2.動物管理センター内に持ち込まれた猫が、自分が殺される恐怖を正確に感じとっているはずで、普段のようにおとなしくしているはずはありません。獣医師は持ち込まれてくるすべての猫たちに威嚇されているはずです。

3.猫ちゃんは、白色に薄茶色のブチがある子で、ブルーの首輪がしてあることを誰も気が付かなかったということは不自然です。

 いつまでも未だに修正できない誤解の連鎖があります。

 一番初めに保護された方は、首輪の付いている人馴れした猫ちゃんの飼い主さんを見つけてほしいと警察署に持ち込んだはずです。受け取った警察官は書類に首輪ありと記載して、動物管理センターに持ち込めば、飼い主さんを探してくれるものと思い込んでいます。(ほとんどの警察官は動物愛護関係の法律や知識を知りません。さらに猫は即日処分されているなどとは全く知りません) ところが札幌市動物管理センターだけでなく、日本全国の管理センターでは、持ち込まれた猫で、迷子届のない、首輪も付けていない猫は即日処分。首輪のある猫は5日間保護し、飼い主さんが出てこなければ、6日目に処分ということが行われています。この事実を善意で持ち込んだ人達は誰も知らない。いえ、日本国民が誰も知りません。被害にあった猫ちゃんは首輪をしていたにもかかわらず、4日目に処分され、本当にかわいそうでした。

 動物管理センターでは、持ち込まれた犬猫は保護し飼い主さんを見つけてくれる場所ではなく、ほとんど殺処分する場所であることをもっと知らせるべきです。動物愛護センターなどと愛護などの名称など使わず、もっとはっきりと事業内容が誰でも分かるように「殺処分センター」と改名してほしいものです。

 飼い猫が迷子になった時、まず最初にとらなければいけない行動は、行政側での殺処分をくいとめることです。これが大変な盲点になっています。人馴れした猫ちゃんの場合は保健所・警察署に持ち込まれる確立が高く、そのうち戻ってくるだろうでは遅すぎます。すぐに最寄りの保健所と警察に猫の詳しい特徴を伝え、処分されるのをストップさせましょう。
 
 飼い主さんには、動物管理センターの職員さんがお会いして謝罪したということです。善意で行動した人々へも謝罪すべきでしょう。しかし、同じような事件はニュースにもならず、毎日のように起きているできごとであると管理人はみています。


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

コメント

殺処分場

センター長のコメントで、処分に慣れていて、緊張感を失っていた というような一文が毎日新聞に出ていて、私はこれに驚きました。処分センターに改名するべきだと私も思います。
詐称だと思います。
つまり飼い主のいない猫なら処分の対象ですかと聞くと、
若い職員が、積極的にはしていません。というオロオロした
返事でした。
北海道も同じ日本なので、法律はすべて一貫して守られるべきですよね。職員の勉強不足なのか?何なのか。

  • 2013/06/04(火) 21:24:25 |
  • URL |
  • ふくちゃん #-
  • [ 編集 ]

コメントありがとうございます

 コメントありがとうございます。ヨーロッパでは、ペットを無料登録しておき、いなくなった時に24時間体制で電話連絡でき、ペットレスキュー隊が捜索する仕組みがあるようです。年間4万匹ものペットたちが、元の家戻っているということです。日本にも早くこのような組織が誕生してほしいものです。

  • 2013/06/05(水) 13:07:01 |
  • URL |
  • 西濃地域猫の会 管理人 #/5lgbLzc
  • [ 編集 ]

驚きました!

飼い主のいないネコは即日殺処分なんて知りませんでした。
そもそも、飼い主がいる・いないはどのようにして判断するのですか?
今回のように、首輪をしていても殺される。今のネコの首輪は、何かに引っかかると直ぐに取れる構造になっています。
私のネコは行方不明になって、翌日市役所・警察・保健所に届け出をしました。首輪はしていませんでした。チラシを配って、情報をくださった方によると行方不明になった二日後に死んでいるのを市役所に連絡したとのことで、市役所に確認すると即日回収、処分したとのこと。その翌日にも確認しているのに、照会されることもありませんでした。
北広島市では、迷いネコは生きているネコで、死んでいるネコは別の扱いなのだそうです。
私はせめて、遺体を確認して、弔ってあげたかったので、抗議しましたが、ひょっとして北広島市の対応は普通のことだったのですか?

回答いたします

 ころん様 はじめまして。飼い猫ちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。さて、猫を保健所が引き取り、殺処分することについて、ここで詳細を書き加えます。
 私は岐阜県に住んでいますので、岐阜県内の保険所の、猫の受け入れ事情を書きます。岐阜県では、1)飼い主の事情で飼えなくなった猫。2)ケガをして負傷した猫。3)自活不能な猫(つまり赤ちゃん猫)。の3つのみ保健所は受け入れることが出来ます。それ以外は受け取り拒否をしてほしいという県庁の方針があります。全国の都道府県庁でもこのように指導しているはずです。ところが現実には愛護法に「飼い主不明の猫は受け取ることが出来る」という項目が、私は確認していませんが存在するようです。こうしたことから岐阜県内の保健所ではそれぞれ独自のやり方が未だにまかりとおっています。岐阜市に隣接する、某保健所では首輪のあるなしにかかわらず、持ち込まれた成猫は受け取り、野良と判断されれば、即日処分、首輪があれば3日間保護し、飼い主さんがこの間に連絡をして来なければ、4日目に処分という恐ろしい保健所も存在します。今回の事件の札幌市保健所がこのやり方です。しかし、多くの保健所は上記に書いた3つ以外の猫は受け取らないという方針になってきました。今年の9月から新しい動物愛護法が施行されるようですが、改善されていくのを願っています。
 北広島市の各保健所はどのようになっているのか分かりませんが、岐阜県と同じように各保健所によって対応が違うだろうと思われます。飼い猫がいなくなった時、すぐに行政側で殺処分されないよう、1日も早く連絡を入れるべきというのが私のいつもの主張です。

 2つめの質問で、私はブログにも書いていますが、車に轢かれた猫や動物を段ボール箱に入れて役場に持っていきます。丸々と太った飼い猫ちゃんも保護したことがありますが、できるなら飼い主さんに死んでしまったことを伝えてあげたいと感じます。役場や市役所に持っていって、この猫ちゃんの飼い主さんから問い合わせが入っていたら、伝えてあげてくださいと言ったことがあります。しかし、猫がいなくなったと迷子届けをする飼い主さんはきわめて少数です。この猫ちゃんは、迷子届けが出ているかどうか照会もされず、早々斎場に持ち込まれてしまったことでしょう。
 ころんさんが2度も連絡をしながら照会してくれなかった市役所の対応には抗議すべきです。おかしなことはおかしいと電話で抗議し改善をうながしましょう。前出の恐怖の保健所には3度抗議の電話をかけ、県庁をも巻き込んで改善を強く要求しました。良い回答にはならなかったと思いますが、元気を出してください。これで失礼いたします。西濃地域猫の会 管理人

  • 2013/06/28(金) 00:22:15 |
  • URL |
  • 西濃地域猫の会 管理人 #/5lgbLzc
  • [ 編集 ]

ありがとうございます。

西濃地域猫の会 管理人様

私の住む北広島市は、飼い猫ちゃん殺処分事件の札幌市の隣の市です。ちなみに、死んでしまった猫は、ごみ埋め立て地に埋められています。(ゴミと一緒に!!)ごみ焼却炉もない市です。
悲しくて、かなしくて。
市には、市のホームページにも抗議の文章を送りましたが、無視されることでしょう。
これを機会に、私も猫たちの置かれている状況に目を向け、勉強していかなければと強く思いました。

本当にありがとうございました。

猫ちゃん かわいそうでした

 ころん様 飼い猫が飼い主からはぐれた時、いっきにゴミのように扱われる環境に一変してしまいます。特に日本は動物たちにとって、地獄地帯です。もの言えぬ動物たちの苦しい叫びを、人の言葉にかえて、代弁してあげ、動物たちが幸せに暮らせるよう、世の中を変えていきましょう。西濃地域猫の会 管理人

  • 2013/06/29(土) 12:35:02 |
  • URL |
  • 西濃地域猫の会 管理人 #/5lgbLzc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。