TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンダリング 動物のリサイクルシステム

 私がレンダリングの存在を知ったのは最近のことです。2ヶ月前に読んだ「まだ肉を食べているのですか」ハワード・F・ライマンとグレン・マ-ザーの共著 より抜粋します。

 以下転載

「牛が屠畜されると、重量でいえば半分ほどは食用にはならない。たとえば腸とか、その内容物、頭部、ひづめ、そして角だ。同様に骨や血も〞食べられない〞。そこで、これらは「レンダリング・プラント」 (動物性脂肪精製工場)というところに運ばれる。そして巨大グラインダー(撹拝機) に投げ込まれる。ついでに言うと、〝病気で死んだ牛はまるごとほうり込まれる〞。よその牧場で病死したほかの家畜も同じだ。
 
 このレンダリング・ビジネスは、今や年間二四億ドル〔訳註‥現在の換算で約二千九百億円〕強という売上げの巨大産業となっている。それは年に約四〇〇億ポンド〔1814万トン‥1ポンド=454グラム〕もの動物死体を処理しているのだ。

 ひどい病気にかかった動物、癌にかかった動物、腐りかけた動物の死体-‥などなど。アメリカでは、これらほどレンダリング工場の飢えた機械にとって〝美味しい〞ご馳走はない。農場で死んだ家畜以外にも、もう一つ、レンダリング業者にとって美味しい〝主食〞がある。それは安楽死させたペットたちだ。なんと六百万から七百万頭もの犬や猫たちが、毎年、動物「保護施設」で殺されているのだ。

 たとえば'ロサンゼルス市だけでも、毎月、約200トンもの犬や猫の死体の山が、レンダリング工場に送られている。それらには動物管理局に捕獲されたノラ犬、ノラ猫、そして道で轢き殺された死体も混ざっている(クルマに轢かれた死体は、毎日集荷されるわけではない。だから夏場は腐って臭う。担当職員は鼻でその場所を嘆ぎ分けるそうだ)。
 
 この身の毛のよだつ 〝混合物〞は、レンダリング工場でミンチに刻まれ、高温蒸気で〝調理〞される。そして、軽い脂肪分が表面に浮いてくる。それは'化粧品や潤滑油、せっけん、ろうそく、そしてワックス原料などに精製される。より重いたんばく原料等は、乾燥され、茶色の〝肉骨粉〞に加工される。その約四分の一の原料は、なんと糞便なのだ。その〝肉骨粉〞は、家畜の飼料と同様、ほとんどのペットフードの増量材として使われる。これは農家で 「濃縮たんばく」と呼んでいるものだ。
1995年だけで、屠畜場から約500万トンもの 〝残り物〞 が出ている。それらがこう〝処理〞 され、全米の動物たちの飼料として売られていく。」

 転載終了

 衝撃的な現実を初めて知り、レンダリングの記事を書こうと思いつつキーボードを打つ指先が止まっていました。

 アメリカでの犬猫の殺処分が大変多く、焼却すれば大気汚染で公害になるほどであると、以前から知っていました。しかし年間600~700万匹もの犬猫が殺処分されていると具体的な数値を知れば驚きです。(日本は20数万匹)  ペットフードの原料がどのようなもであるか、うすうす感じてはいましたが、はっきり分かってしまえばショックです。

 しかし、レンダリングがなければどうなるのでしょう、焼却や埋め立てするか海にでも捨てに行くしかなく、環境破壊がおき、病原菌が蔓延するでしょう。いわば、肉食を続けるためにはなくてはならない死骸動物を適切に処理する、リサイクルシステムであるといえます。

 日本でのリンダリング工場は2012年度で159ヶ所。廃肉処理量は1年間で約867.000トン!どの工場も採算割れで経営が難しそうです。血液のみの量だけでも、牛、豚の屠畜場で放血される総血液量は年間でおよそ10 万kg! 日本だけでこれだけの処理量がありますので、全世界ではどれだけの総量になるのか?血液の湖がいくつもできそうです。動物たちの苦しみはこの湖よりもさらに深く深く、数値に表せないほどです。

 肉食は肉や乳を利用しなくては生きていけない地域の人々だけのもの。私たちの日本は。ベジタリアンとして生きていかれる最高の土地柄です。日本人が肉食するということは、舌の満足でしかありません。せっかく私たちはお米というすばらしい宝物を授かりながら、お米を捨て、企業と政府とマスコミの吹く大ボラにまんまと踊らされている、お人よし国家です。
 舌を満足させるためだけに、どれだけの犠牲とエネルギーがともなっているのか、日本人は本当に深く反省しなくてはなりません。


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。