TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧困を元気に生きる食生活

140205.jpg
↑ You Tube 「米国民の6人に1人が食糧不足  貧困・飢餓」 こちらをクリック140205-1.jpg
↑ 「米国民の6人に1人が食糧不足  貧困・飢餓」より

NHKクローズアップ現代 2014年1月27日(月)放送 あしたが見えない ~深刻化する“若年女性”の貧困~ こちらをクリック

 アメリカでは国民の6人に1人が貧困層、国民の3人に1人が貧困層予備軍に分類され、人口の2人に1人近くがワーキングプアの状況にあるといわれています。それはすでにわが日本でも確実に起きています。

 管理人は「貧困」という語句を入力して、現在の日本の現状を読んでいます。貧困は中高年のホームレスばかりでなく、若い世代の人たちにもすっかりと進行していました。若い女性一人暮らしの3人に1人が貧困(年収110万円以下を貧困として) 中高年の男性一人暮らしでも3人に1人が貧困。持ち家がある会社員でも、お昼には牛丼やMバーガーに行列をするほどで、外見から知るステータスでは見抜くことができないほど貧困がすすんでいます。今後はさらに悪化することは間違いありません。

 ここでは貧困対策を書くつもりではなく、貧困といわれる若い人たちの食生活を知り、管理人は大変胸にこたえました。これでは病気になってしまいます。せっかく食費を安上がりにしたものの、後で高額な医療費が待っています。
 貧困に苦しむ人たちに是非読んでいただきたいと、このブログでとりあげてみたくなりました。

 下記にネット上の記事から、自ら貧困という若い人たちの食生活の内容をぬきだしてみました。

・自炊は高いからできるだけせず、主食はコンビニ弁当や総菜パン。冷蔵庫は飲み物だらけ。

・三食菓子パンを牛乳で飲み込んでお腹を膨らませます。栄養が足りないのか、いつも口内炎ができています。

・毎晩12時まで、コンビニの100円スナックなどを食事に公園などで時間をつぶし、ネットカフェで朝6時まで1000円のナイト・パックを利用する。お金がない日は、24時間営業のマクドナルドで朝まで時間をつぶす生活。

・食費をできるだけ、かけずにかけずに、うどん1玉を3人で食べたり、汁を多めに作って、汁で腹いっぱいにさせる。

・ご飯はカップラーメンだったり、あとはパンでどうにかしています。

・カップラーメンは一食100前後するから贅沢。5袋パックのラーメンなら一食60円前後 。

・朝食はママレードトーストとミルクティ。昼食は 稲荷寿司、かっぱ巻き(スーパーの)。カブの茎と卵の味噌汁。夕食は芋焼酎お湯割り。サニーレタスとトマトのサラダ。

 さて、管理人の現在の食事内容を書く前に、管理人の健康状態を書きます。身体はとても健康。同年齢の重労働をしない一般職をする人たちより、1.3倍ほどの仕事をして、毎日生活しています。血液検査ではどこにも異常がありません。

・朝 ご飯パン(自家製)に納豆をのせて。又は塩おにぎり。コーヒー。甘酒。
・昼 ご飯2~3杯 味噌汁。漬物(自家製のタクワン、白菜漬けが好物)時々煮豆ヒジキ、夏は冷奴豆腐など簡単なもの。
・ 夜 昼の繰り返しですが、寒い季節には雑炊が好物。時々味噌汁でなく野菜カーレー。寝る前に 甘酒。

 以上のように 日本古来の一汁一菜という粗食生活です。ビーガンですので動物や卵、乳製品はいっさい食べません。ただし年に5回もある会食会に出席し、この日だけはお寿司のみ、手を合わせてありがたく頂戴します。

 もう一度、若い人たちの食事内容を見てください。最初の人はコンビニ弁当でご飯が付いていそうですが 最後の方だけが自炊されており、貧困とは言われない一人暮らしの高齢者さんですが、ようやくご飯が登場しています。そのほかの人たちは、パン、カップめん、うどん、スナック、Mバーガー、インスタントラーメン。まったくご飯がでてきません。

 どうしていつのまにか日本人がご飯を食べなくなり、パン食と肉食が日本の食文化になってしまったのか、ご飯の持つすばらしさも合わせて過去のブログをお読みください。こちらをクリック

 ご飯を主食にし、身体が満足する少し手前までの量をおいしく食べていればよいのです。宮沢賢治は1日に玄米4合を食べたようです。かかせないのは、麹菌や乳酸菌や納豆菌で醗酵させたものを必ず組み合わせること。市販の漬物でなく、簡単にできますので自家製にしてください。日本民族はご飯と発酵食品である味噌、醤油、漬物、だけで元気に生きていかれる身体を受け継いでいます。管理人が朝晩飲んでいる自家製の甘酒は米麹が作り出す、天然型のスーパードリンクで、酒といいながらアルコールはゼロです。
 お米のすばらしさは こちらをクリック

 甘酒の記事は こちらをクリック

 お米は低農薬米でしたら10kg4.000円、無農薬米で8.000円。管理人は低農薬玄米を売り場で7分つき米にしてもらって食べています。1日2合~3合食べますので、金額にすると1合60円ですので、1日お腹いっぱい食べて、ご飯だけの金額は120円~180円です。味噌汁の具やおかずが買えないなら、ご飯に味噌を少し付けたり、味噌をお湯に溶かしただけのもので大丈夫です。納豆が嫌いな人も是非好きになってください。味噌と醤油だけは、国産大豆100%、2~3年醸造、原料は大豆や麦と天然塩のみで作られたもので、一般の味噌の2倍以上の価格がしますが必須です。ご飯は買うのではなく、必ずお米を買って炊いてください。朝に1日に食べるだけのご飯を一度に炊いて、冷めたおにぎりでもおいしいですが、冬なら雑炊に。

 ビーガンでいけば果物や生野菜サラダは肉食する人たちのもので必要ありません。乳製品が大好きであった管理人が、今更書く訳にもいきませんが、牛乳も卵も不要です。出費は格安になります。肉食する人たちには塩分の摂りすぎは害となりますが、一汁一菜のビーガンの食生活では、身体が要求する、ほどよい自然塩をとることが必要です。

 管理人は今年の3月がやってくると、この食生活は2年目になります。まだまだ不具合な点があるはずです。最大の悩みは脂肪がすっかり取れ、体脂肪率7%、身長168cmで体重48kgとヤセ過ぎです。強い風が吹いてくると飛ばされそうです。ご飯を食べると太るということはまったくありません。これからも少しずつ勉強しながら改善していこうと思います。 

 これまで書いてきた一汁一菜の食生活は貧困でない人々にも管理人が自信をもってお勧めできます。お米のもつすばらしいパワーと、それをさらに最大限にまで引き上げてくれる発酵食品の組み合わせ。日本民族が連綿と続けてきた、これが本当の日本の食文化です。ご飯と漬物の組み合わせは本当においしく、飽きることはありません。減反政策などせず、貧困で困っている人たちに、お米と味噌と塩を無料で配給すれば、皆、元気をとりもどして、生活できるはずです。是非、国に要望していきましょう。

 余談ですがが、私の1日分の食料を作りだすためのエネルギーは、肉食する人たちの7分の1です。つまり、肉食をやめれば、その7倍の人たちが食を得られることになり、地球上から飢餓がなくなります。地球上には、肉を食べなくては生活できない地域の人たちもいますので、全面的に肉食を否定しているわけではありません。

 最後に、管理人は外出で昼ご飯が必要なときに必ず持参するお弁当の画像です。今流行の、真空断熱スープカップが大活躍しています。
140205-3.jpg
↑ 中央のオレンジ色の380ccスープカップ(タイガー魔法瓶)に味噌汁。梅干入りの塩おむすびの右横は自家製の漬物。庭でとれた甘柿。ポットにはホットコーヒー。このスープカップは開口部が広く、ご飯を詰めるのに重宝しますが、手を当ててみると、ここから熱が逃げていることが分かります。折りたたみ式のスプーンがふた部分に装着できるのに魅かれました。保温をしっかりしたいなら、象印やサーモスの製品に別売のポーチを一緒に購入するのがよいでしょう。

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。