TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棄て猫地帯の猫たち-11 市長さんとの会談

 私たちは8月26日にこの町の市役所で市長さんとの会談を持つことができました。当初30分間の約束でしたが、20分延長して下さり50分間の会談となりました。こちらからの出席は当会の代表とこの町に住んで猫問題に取り組んでいる女性の2名で、管理人の私は用事のため出席できませんでした。
 この報告を書くのが遅くなってしまったのは、書くことが何もないからです。このように書くだけで愛護活動をしている方ならすべてがお分かりになることでしょう。この町でおきている棄て猫棄て犬たちの悲惨な状況を、ブログに掲載した「棄て猫地帯で生きる猫たち 1~9」までを印刷して持参したのですが、お話しをしながら見ていただいただけで反応がありません。会から提出した書類は受け取ってはもらえず、猫のことで何がそんなに問題なのかが理解できないようです。

 猫問題の原因は猫を棄てる身勝手な人間達です。ところがさらに行政と住民の無関心さが温床となります。警察の取締りも行われず、棄て猫防止ポスターのみが町中にたくさん貼られているだけです。猫問題は自然発生的におきたものでなく、猫を棄てる身勝手な人間と無関心な行政と住民、避妊去勢手術もせずに餌を与える餌やりさんで引き起こされた人間が作り出した問題です。人間が作り出した問題を猫に責任転嫁すればそれでよしとするのが日本の現状です。

 このブログに訪問して下さる多くの方は、この記事を断腸の思いで読まれたことと思います。ところがこの事実に無関心でいられる人たちのほうがとてつもなく多く、これでは会は何もできないままです。どうか皆様のご意見を会にお送りくださいませんか。会がまとめて市役所や役場に皆様のお声を提出いたします。こんなに多くの人たちがこのようなことはおかしいと言っていますよ報告します。ただし、会で不適当と思われるご意見は省かせていただきますのでご了承ください。建設的なご意見をお待ちしております。尚、この町が何処なのかは、さらに棄て猫が増える危険性がありますので発表できません。。市の名称も伏せさせていただきます。当会ではこの地帯の猫たちの保護はいっさい停止いたします。さらに棄て猫が増えるか他の場所が棄て猫地帯にされてしまう危険があります。
 ブログのコメントや会のメールアドレスcat@art102.sakura.ne.jp へどしどしお寄せください。お住まいの都道府県名とペンネームをお書き添えください。
 
 ブログ掲載記事の補足がございます。住民が役場に連絡をすると不要猫を捕獲して処分するということを管轄の役場に問い合わせましたがそうしたことはしていませんと否認されました。しかし住民はやってくれると証言します。又、ある日突然に猫たちがいなくなること、子猫ばかりが残され、ある程度大きくなってから何者かに捕獲されている原因を役場から聞き出すことはできませんでした。

 この市には他にも棄て猫の場所とされている場所が数箇所あります。次回はそちらの取材を掲載していきます。動物たちの悲鳴を人間の言葉に変え、無関心を関心へと動かす発火点となるよう努力していきます。

猫ちゃんへ愛をこめてニャンクリックをお願いいたします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

コメント

No title

こんばんは、日々の活動ご苦労様です。
市長さん訪問、私も是非、一緒に行きたかったです。
ガツンと遠慮せずに発言したかった~。

この件、署名運動をしては如何でしょうか?
遺棄をしない、させない町つくりは、子供たちを育てる環境作りとしてもとても重要な事です。
猫の問題ではない社会問題だと言う認識を持って欲しいものです。

不完全燃焼だと思います・・・協力できることがありましたら、何なりと申し付け下さい。

  • 2009/09/04(金) 19:36:29 |
  • URL |
  • りりママ #-
  • [ 編集 ]

コメントありがとうございました

リリママ様 コメントありがとうございました。以前からこの地帯の噂を聞いていましたが、取材1日目で私の精神状態がおかしくなりそうでした。助けてやりたい猫たちがいっぱい! しかし会では5匹を保護し、これで保護活動を停止します。以後、西濃地方に随所にある猫の棄て場所で生きている猫たちの様子をこのブログで紹介し、人が無責任に作り出した悲惨な猫たちの様子をアップしていきます。

No title

日々の活動ご苦労様です。
この地域の市長は、厄介(?)な事に背を向けておられるのでしょうね...
しかし、私が住んでいる地域(羽島市)でも数年前、避妊・虚勢手術の助成金を出してもらえるよう市長あてに署名活動していましたが、却下されたそうです。 確か「飼い主の自己責任」とかいう訳のわからない理由だったと思います。 飼い主が自己責任を取らないから、不幸な猫・犬が増えている現実をまったく理解していないのです。
しかし、地域によっては活動されている人たちの声を聞いて、積極的に取り組んでいる行政もあるのですよね? 
今回のように会談をされて、現状を知ったのであれば市長も前向きに勉強していただきたいです!

それと余談ですが、毎週放送されているテレビ東京の動物番組で、駅に住みついた猫の特集をやっていて見ていたのですが、母猫と子猫のほのぼのとした様子が流れ、確かにかわいいのですが、兄妹猫もいるようで 「このままでいいのだろうか?」と思い番組ホームページに書き込みをしたのですが、残念なことに削除されていました...
視聴率の安定した家族向けの番組なので、こういう問題をどんどん取り上げてもらえれば不幸な猫・犬が減るのになぁと思います。


長々とすみません。
活動がんばって下さい。 何か出来ることがあれば協力しますよ! 

ビン・クロ様 コメントありがとうございます。

ビン・クロ様 コメントありがとうございました。市のトップが無関心では私たち外部の者が解決することは難しいでしょう。
 テレビ放映された「駅に住み着いた母猫と子猫のほのぼのとしたお話」と同じことがこの棄て猫地帯にも起きています。この町を検索しますとブログがたくさんヒットします。ほとんどの人たちはここが猫たちの生き地獄であることに全く気が付いていません。以下、書き込まれた文章を著作権保護もありますので真意を変えずに書き換えて紹介します。
 ◇この町には気ままな猫がいっぱい。 人に可愛がられている猫たちは、とっても幸せそう。 ...
 ◇先週土曜日に行ってきました。猫ちゃんたちとふれあってきました。
 ◇この町の人たちは猫を粗末にはしません。大切にしています。
 ◇この町の猫たちはいつ行っても人間と仲良く暮してます
 ◇昔からネコが多く、彼らに会うのに楽しみです。 ネコとのふれあい広場をつくってほしい。
この地帯も過去にほのぼのとした野良猫たちの様子をテレビ放送されたのかもしれません。ここで生きる猫たちの本当の姿が放送される日はいつになるのでしょう。今後も是非コメントを書き込んでください。

初めまして
先日初めて実情を聞き、人間の勝手な行動により犠牲になるのは、猫で、その数は増えるばかりと聞いて、驚きとともに悲しみを感じました。
なぜ猫が犠牲に・・・
町を市民を守るのが市長ならその町に生きている猫も市が守るべきだと思います。生きている命すべてを守るべきではと思います。
動物も植物も全てが住みよい街が人間が住みよい街ということをいつの間にか忘れられてしまったと思うと悲しくなります。
活動これからも頑張って下さい。

Re: M.H様 コメントありがとうございました。

>  お便りありがとうございました。猫問題の解決法は避妊去勢手術の徹底という簡単明瞭なことなのです。しかし見本を示さなければいけない行政がたかが猫ごときの命に避妊去勢費などもったいないと無関心を決め込みます。住民もさらに行政に習えと無関心を続けますが、この地帯には猫が増えていかないという特殊な仕組みが存在していますのでこれまで安泰でいられたのでしょう。まず行政から眼を覚ますように全力をあげていきます。いただいたコメントは用紙に印刷して市役所と役場に手渡しで提出させていただきます。どうぞ皆様も、お声をどしどしお寄せください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。