TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の譲渡会報告

090919-1.jpg

090919-2.jpg

090919-3.jpg

090919-4.jpg

090919-5.jpg

 9月のよい天気に飼い主探し隊さん主催の犬の譲渡会に参加した。ここでは保健所に持ち込まれた犬たちを引き出して里親さん募集をしている。また、飼うことができなくなった飼い主さんの参加もあった。猫の譲渡も併設されており会からも猫たちを出した。管理人の私は犬の譲渡会に出るのは初めてであり、気が付いたことを書いてみたい。 
 
 譲渡会で一際めだった老犬のゴールデンレトリバー、少しやせ気味だがずいぶん元気になったという。真っ白なフワフワの毛並みがかわいらしいワンちゃん。犬の種類に不案内な私にも血統書付きと思われるワンちゃんが目立った。この子たちは保健所に持ち込まれたたくさんの犬たちから選び出された幸運なワンちゃんだ。一方で選ばれなかった子たちに胸が痛む。この譲渡会がなければこの子たちはすでにお星様になっているはずだ。飼い主の都合で処分を言い渡された彼らだが、何も知らずに次の飼い主さんを待つ無垢な瞳が哀れでしかたがない。ブリーダーが商品として作り出した命が、こんなにも多くの人たちのあたたかい努力と熱意で救い出されていることを彼らは知っているのだろうか。
 譲渡会には準備を手伝うために1時間早く到着した。テントの設営。ワンちゃんをいれるケージ。パネル写真での啓発コーナー。募金箱。てきぱきと仕事がはかどっていく。そして、動物たちが飲むお水を入れた多数のポリタンク。蚊取り線香の用意。インフルエンザ対策用のマスクの配布。この日は少し暑い気温だったが天気はカラリと晴れ渡り絶好の譲渡日和だ。しかし、真夏の炎天下から真冬の北風が吹きすさぶ天候などを思うと、頭の下がる思いだ。

 猫の救護活動している私たちには成犬を再びあたたかい手で迎えてくれる人たちが大勢いることが羨ましい。猫の譲渡では生後6ヶ月以下の仔猫でなければ里親募集は難しくなっていく。まれに2歳や10歳の子が貰われる時があるくらいだ。
 ALIVEの平成15年の調査では、犬の殺処分は子犬33%、成犬 67%で、猫の殺処分は仔猫81%、成猫は19%となっている。仔猫のほとんどはまだ眼も明かない生まれたばかりの仔猫たちだ。つまり避妊去勢手術の徹底さえ行えば猫問題はいっきに解決していくことが分かる。犬の殺処分ゼロになる日も見えてきたが、猫にいたってはいつ終わるともしれない現状に、私たちは無力感で潰れそうになってしまうのだ。
 この譲渡会の翌日、この会場にまだ眼も明かない三毛猫が棄てられた。保護活動をするあたたかい善意が、このような卑劣な人間に利用されてしまう。

猫ちゃんへ愛をこめてニャンクリックをお願いいたします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

コメント

刹処分とても悲しい現実です。↓ちょっと長いですけど読んでもらえたら嬉しいです。
じつは日本人は欧米などと比べて極端に幼い犬猫を好むそうです。そのため販売側もより幼い子を売ろうとし可愛さばかりアピールするショーケース販売をしているペットショップがほとんどです。でも幼い時に母兄弟と別れて子は問題行動を起こしやすく、また販売ルートで病気に感染しやすいのに。
そして安易にただ可愛いというだけで購入する人が後を絶ちません
このようなことは欧米では考えられないことです。でも日本ではTVや雑誌で取り上げられるのはやはり幼くて可愛い犬猫ばかりです(視聴率、購買者獲得のため)。それを見た人が触発されて安易に幼い犬猫を購入・・・と負の連鎖を繰り返しています.
行政に著名を集めて提出したりするのももちろんいいですが、規制が厳しくなれば今度は保健所ではなくその辺に捨てる人が増えかねません。
やはり飼い主のモラルの問題です。メディアにはこういった裏の現状こそ広めて、へたに触発するようなことを報道するのは控えてくれないかと頼むのもいいかもしれません。もちろん法律も厳しくすべきだと思います。    長い文章載せてすみませんでした。

  • 2009/09/24(木) 02:36:32 |
  • URL |
  • 甘党 #-
  • [ 編集 ]

Re: 甘党 様 コメントありがとうございます

>  甘党 様
>  アライグマ問題はテレビアニメ「あらいぐまラスカル」が原因でした。このアニメを見た人たちがアライグマをほしがり、2万匹ものアライグマが日本に輸入されました。大きく育てばとても手におえる動物ではありませんので棄てられていきました。チワワの人気が終わったあとも悲惨でした。このようにペットをおもちゃのように扱う人たちが日本の犬猫問題の発生源でしょう。マスコミに簡単に踊らされてしまう人たちがいる。またはマスコミがペットの世界においても大量消費をくり返すよう仕組んているのかもしれません。根源は飼い主のモラルの問題です。犬猫問題を考えると日本の本当の姿が見えてしまいます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。