TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野良猫チャコ 追悼写真集2

(下)2004年11月
0411chako.jpg
 当時の私の日記2004年11月4日木曜日には、「チャコが先週の水曜日以来帰ってこない。とても悲しい思いをしていたら、午後4時頃にフラフラの状態で帰ってきた。後ろ足が動かない。今、ガレージの車の下で寝ている。あたたかくしてやる」 11月5日金曜日「朝チャコが出て行こうとするのでケージの底をはずし、上からかぶせて捕まえた。間一髪のところで逃げられるところだったがやれやれ。彼はとても怒り狂ったように暴れた。ガレージの中にケージを設置。トイレと暖房のホットパネルをつけた。手を入れると噛み付かれそうで怖い。」 11月6日土曜日「チャコがようやくおとなしくなった。ケージ生活もまんざら悪くないとご機嫌のようだ。怖かったが手を入れて少し撫でることに成功。足が治るまでココにいさせる。」  
 
彼が来なくなってから、私は仕事場の窓からたえず彼のやってくる方向を見るようになっていた。ビッコをひきながらこちらに歩いてくるチャコが視界に入った。私は外に飛び出た。私の仕事場の窓の下に到着して、10分間も彼は休憩をした。ハーハー呼吸が激しい。まだ彼を触ることは全くできず見守るしか方法がない。再び元気を取り戻して彼は私の家のガレージの中に入っていったのだ。やっと歩けるようになって私を頼りに必死に歩いて来た彼の気持ちがうれしい。

彼にケージ生活を2週間すごしてもらった。だいぶ足の具合は良くなり、入り口を頭でガンガン頭突きして「出せ!!」とせがむようになった。まだ不安もあったが祈る気持ちで彼を解放した。彼は2週間のケージ生活の意味を理解してくれたらしく感謝の気持ちが伝わった。
 
猫ちゃんへ愛をこめてニャンクリックをお願いいたします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。