TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物虐待に甘すぎる警察の対応

管理人が知っている動物虐待の事件を3つとりあげました。犯人の氏名や住所、経歴も分かっておりますが未だに逮捕されておりません。
1. 2008年9月、いつでも里親募集中に掲載された仔犬を譲り受け虐待死させました。その状況は筋肉破損状態が交通事故にあった以上に破損させられ、溺れさせられたような肺の状態で胃の中はからっぽ。犯人(男性30歳代)の両親は精神の病気なのでしかたがないと言っています。今でも虐待目的で仔犬を求めているようです。
2. 数年前から猫の転落死体が発見されるようになり近所の人たちは不気味がっていました。今年に入ってからいつでも里親募集中にアクセスし6匹の子猫を譲り受けました。猫が気に入らないことをすると窓から突き落として殺していることが発覚。現在もいつでも里親募集中にアクセスしており被害は拡大中です。
3. 私たちがお世話になっている動物病院の先生は、近所のブリーダーが犬を虐待していると何度も警察に連絡していますか取り合ってくれず、ブリーダーが仕事をやめ引き上げた時に先生がかけつけると、檻の中でガリガリにやせ細った犬たちの餓死死体が散乱していました。警察は動物が死ななければ虐待といわないということですが、1と2の事例のように死んでしまっても逮捕しないことが分かります。

 虐待は犯罪であり100万円以下の罰金というのは、たんなる文章の羅列であることがお分かりでしょう。法律というものは罰則が加わりようやくその力を発揮します。これを是正するためには皆様が大きな声を出さなければ今後も改善されていきません。私は1と2の事例で犯人を逮捕するように管轄の警察署への通報や署の担当刑事さんにお会いして訴えました。2002年におきた「こげんたちゃん事件」は多くの人たちの訴えにより犯人を6ヶ月間の禁固刑に追い込むことができた良い事例でした。

猫ちゃんへ愛をこめてニャンクリックをお願いいたします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。