TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車にひかれた猫ちゃん

 会の女性会員は車にひかれた猫ちゃんを発見すると、常時車内に用意してあるビニールシートに包み、段ボール箱に入れてその町の役場や市役所に持って行く。管理人の私はどうにもこれだけはできないと思い込んでいた、しかし去年、雨の降りしきる寒い日に仔猫が横たわっていたのを収容しその町の役場に持っていったのを契機に積極的にできるようになった。今年に入ってからすでに3匹の猫ちゃんを収納し役場や市役所に持っていった。今ではすっかり落ち着いて出来る。夜間の場合は役場や市役所には宿直の方がみえるので、玄関のインターホンで連絡をし、持ち込み可能となる。
 その他の処置として、ダンボールを猫ちゃんの下に差し入れて乗せ、車にひかれない場所に移動し、役場や市役所に電話をして取りに来てもらう。これならば誰にでも簡単にできる。急ぎなどでそれさえも出来ない時は役場・市役所の環境課に詳しく場所を連絡して、取りに来てもらうよう電話をする。
 現在は多くの自治体が合同火葬にしてくれる。ところが地方では事情により生ゴミと一緒に処分してしまう所もあるようだ。事情の不明な自治体への持ち込みは「火葬にしてください」と一言言い添えよう。快く引き取ってくれる。管理人はいつも私の西濃地域猫の会の名刺も一緒に置いてくる。
 
 会の女性メンバーは“できるだけ損傷の無い状態で天国にいってほしい”と表現する。火葬にして葬ってくれるのだから、猫ちゃんへのせめてもの弔いとなる。飼い猫の場合、飼い主さんはさぞ探していることだろう。何かよい方法がないものかと思案しているのだけれど。

猫ちゃんへ愛をこめてニャンクリックをお願いいたします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。