TNRリポートby西濃地域猫の会 (岐阜県)

TNRとはTトラップ(捕獲)・Nニューター(不妊去勢手術)・Rリターン(元の場所に戻す)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野良猫を飼い猫に

100519-2.jpg

100519-1.jpg

5月上旬、野良猫を捕獲し去勢手術をして家猫として飼いたいという方からメールが入りました。会では早速捕獲器を貸し出しました。以下、Mさんより経緯が送られてきました。

 
  1ヶ月半ほど前、暖かくなってきたら、発情した野良猫がやって来て、うちで飼っている猫達に窓越しに鳴いていました。何度も来ました。始めは近づくとすぐに逃げていたのですが、だんだん馴れてきて、「ニャー」としゃべりかけると「ニャー」と返事をするようになり、数メートルくらいにまで近づけるようになりました。何とか保護して去勢手術をして、私の実家で飼ってくれるのではないかという淡い期待を持ち、(主人が止めるのも聞かず)餌も時々やってしまいました。すると毎日来るようになり、近所の人に「最近あの猫があなたの帰りをまってるんじゃない?」と言われたりしました。実家で飼ってくれるのではないかと期待していたのですが、父がどうしても許可してくれず、泣きました、、、、。そして、地域で野良猫達を飼うという活動をされている方々を羨ましく思いました。
 
 私は一人きりだし、つい餌もあげてしまって、あの子に期待をさせてしまって、、、自分で餌が取れないようになったら、あの子はどうなってしまうんだろう(私は夏に引っ越す可能性があるので)、近所の人たちにも迷惑がられているかもしれないし、うちは借家で、今飼っている2匹の猫でも大家さんに何とか許しを頂いているのに、これ以上は無理だし、とかなり悩んでいました。以前に母が子猫を保護したときに、里親を探すのに一苦労したことがあり、子猫でもそんな状況だったので、成猫、しかも完全な野良猫を飼ってくれる人を自力で探すのは今の私には不可能に近いと思えました。

 そんな時、西濃地域猫の会さんをはじめ、猫を救う活動をされている団体のHPやいろいろな人たちの体験談を読むうちに、野良猫でも飼えるということを確信し、絶対にあの子を保護すると心に決めました。あの子に対して、ちゃんと責任を果たさなければと思いました。母といろいろ考えるうちに、親戚で1軒あたれそうな家庭があることに気づき、ダメ元で電話してみると、OKがもらえました。その家は おばあさんが入院していて、いま大変な時なので、なかなか言い出しにくかったのですが、承諾してくれ心から感謝しています。

 近くの動物病院に電話し、野良猫でも去勢手術をしてくれるかと聞いたら、「野良猫でも飼い猫となんら変わりはない対応の為、予約が必要。今日捕まったから今日手術、というのは無理です」と言われました。そして、ちがう動物病院にあたると、「営業時間内に連れてきてもらえばいつでもいいですよ、数日間預かってあげることもできます、入院の追加料金はいりません。野良猫もそうやって助けてあげないとねえー」と言ってくださいました。捕獲できる日は定かでないし、親戚の家が遠く、連れて行く日の予定を立てないといけないので、そう言ってくださり本当に助かりました。そして、西濃地域猫の会さんに捕獲器をお借りしたいと連絡したら、快く貸してくださり、しかも「明後日使いたい」とご無理を言ったのに、対応してくださり、感激です!

 捕獲器を使ったらあっさりその猫を捕獲でき、獣医に行って去勢とノミ取りなどしてもらい、親戚の家に連れて行きました。猫の体を拭き、親戚の家の子ども達に猫の飼い方を教え、可愛がってくれそうな様子で一安心いたしました。始めは逃げようとしたり、トイレの中にうずくまって出てこなかったりしたのですが、次の日には窓の下に出てきて日向ぼっこをしていました。猫を連れて行った日に、入院していたおばあさんが亡くなりました。家族の人は「これも何かの縁かもしれないね。」と言っていました。

 1匹の猫の保護を通して、私はたくさんのことを学ばせて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。世界中の猫達、動物達の幸せを願うばかりです。


管理人は野良猫を9ヶ月間もかけて触れるようし、現在は室内飼いにできたオスの白猫ちゃんがいます。こんなに恐ろしい猫も他にいないだろうという子でしたが、今ではペタペタに甘えてくる甘たらニャンコになりました。この子の以前書いた記事をお読みくださいこちらをクリック!
猫ちゃんへ愛をこめてニャンクリックをお願いいたします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。